オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS カンピオーネ! 1巻

<<   作成日時 : 2010/09/02 16:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


カンピオーネ! 神はまつろわず (集英社スーパーダッシュ文庫)
集英社
丈月 城

ユーザレビュー:
良作バトル物読む前は ...
イラスト買い…(^_ ...
もっと売れていいスー ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by カンピオーネ! 神はまつろわず (集英社スーパーダッシュ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



『聞いて。いま、護堂がわたしのところに来てくれると、すごく都合がいいの。―――ということだから、明日の便でこちに来なさい。迎えにいってあげる。』
「そこで、なぜ『ということだから』なんて接続詞が出てくる?おまえの都合に合わせてやる義理は、俺にはないぞ。こっちにも予定がある。他を当たってくれ」
『わたしがあなたに会いたくなったんだから、それに応えるのは当然でしょ?護堂だって、わたしが恋しくてたまらないはずだし、いいプランじゃない?』
「べつに恋しくなんてない。俺の感情を捏造するのをやめろ。・・・・大体な、この前会ったのは二週間前だぞ。半月も経ってないんだぞ?東京とミラノで暮らしているふたりが、こんなペースで会っている現状をすこしはおかしく思え」
『ええ。半月も会えないなんて、護堂がかわいそうで仕方ないわ。愛するわたしと離れて暮らすことでかかる心労、察するに余りあるもの。・・・・この件に関しては、わたしに改善案があるから、期待していなさい。それよりも明日の段取りなんだけど・・・・――』
「やめろ、エリカ。その話はここまでだ。きちんと筋を通して、互いの予定をすり合わせて会おうって話なら聞いてやる。そのつもりがないなら、電話を切るぞ」
『さすがは護堂ね。わたしからのデートの誘いに飛びつかないのは、きっとあなたぐらいよ。・・・・他の男の子を誘ったことはないから、多分だけど』
『なら、改めて言うわ。草薙護堂、すぐにイタリアへ来てちょうだい。あなたの手を借りる必要があるの。わたしだけの力じゃ解決が難しい案件だから、真剣に考えて。このエリカ・ブランデッリ、我が誇りにかけて嘘は言ってないわ』



そんな会話とともにイタリアはミラノに呼び出された日本の高校生・草薙護堂。
そんな彼には人知れぬもう一つの顔がある。
それは、神や魔術が確かに実在し、それを認識している裏の世界において、覇者・王者・魔王、そんな異名で呼ばれるチャンピオン――通称「カンピオーネ」
それは神を殺し、その権能を簒奪した、人でありながら人を超えしもの。
彼は世界に現存するたった七人しかいない「カンピオーネ」の内の一人。
ペルシアの神・ウルスラグナを殺しその権能を簒奪した七人の中で最も若い、世界最新の「カンピオーネ」なのである。

彼は魔術を知らない。
彼は呪術を知らない。
彼は剣術を使えない。

それでも彼がウルスラグナより簒奪した権能は数多の魔術師・騎士を軽く凌駕する。

それは「カンピオーネ」とは魔術師や騎士の上位存在などでは決してなく、人と神は決して同格ではない。
そして人の身でありながら神を殺すことに成功した「カンピオーネ」とは決して常識で量って良い存在ではないという事実を表す。

東欧の老侯爵、中国南方の武侠王、妖しき洞窟の女王。
彼らは二世紀以上に渡って齢を重ねた古参の魔王である。
そしてそれに続く、新大陸の闇を駆ける異形の英雄と大英帝国の英知を強奪した漆黒の貴公子。
さらに今世紀になって王になった欧州最強の剣士。
そこに日本の高校生・草薙護堂が加わる。
この七人がそんな常識の外に存在する現在の「カンピオーネ」達である。

まぁ残念ながら、この1巻に登場する「カンピオーネ」は草薙護堂一人であり、他の「カンピオーネ」はチラッと名前が出るくらいですけどね。

この草薙護堂という男、基本的に煮え切らない。
強大な力を持ちながらそれを行使する気などさらさら持たず、基本的に平和主義であり、平穏な人生こそ最良と考えていさえする。
しかし、一旦闘争の中に身を置けば「獅子のように猛々しく、狐のような狡猾さを持って全力で勝利を掴みにいく」男でもある。

「神殺し」などという概念を持ち出した作品でありながら、その戦闘は力押し一辺倒でなく、観察と思考こそが肝。
性格を見極め、思惑を読み、行動を見定める。
敵の正体を看破し、来歴を明らかにする事で神性を剥奪するという「戦士」の能力を筆頭に、対峙する敵、置かれた状況によって変化する10の能力を駆使し、敵の能力を無効化し、丸裸にしていくという非常に戦略性が高いものです。

そんなバトルや、その「戦士」の能力を使用するために必須の神話薀蓄や、神の知識を持たぬ護堂にその知識をヒロインが教授するエンターテイメント性の高い「とある儀式」などこの作品にはたくさんの魅力が詰まっています。



さて、この第1巻では草薙護堂は自称・第一の愛人たるエリカ・ブランデッリの頼みに端を発した事件でとある最古の女神と激突することになる。
その一連の事件の中で彼は同じ高校に通っていた超常の霊視力を誇る媛巫女・万理谷祐里と出会い、縁を結ぶことになる。
それはこの後に続く彼のハレムサーガと神々との戦いの日々の第一歩である。

彼はこれからの戦いの中で自らの権能――対峙する敵、置かれた状況によって変化する10の能力「東方の軍神」を駆使し、勝利を掴み続けるであろう。何せ彼は「勝利の化身たる神・ウルスラグナ」に人の身で勝利した男のなのだから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カンピオーネ! 1巻 オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる