オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS はたらく魔王さま 4

<<   作成日時 : 2012/02/17 21:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「私が新しい魔王軍の筆頭悪魔大元帥になって、真奥さんを賭けて遊佐さんと決闘します」


はたらく魔王さま!〈4〉 (電撃文庫)
アスキーメディアワークス
2012-02-10
和ヶ原 聡司

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by はたらく魔王さま!〈4〉 (電撃文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



「本来の力を取り戻したら、そんなお前含めて、全部俺が支配してやっから覚悟しとけ」
「なっ!!」
「真奥さん!今のは魔王が世界を征服してやるって意味ですよね、そうですよね!?」
「な、な、な、何を言ってるのあなたは!
「こん、こんっ・・・・・こんな屈辱は初めてだわ!」


前回のガブリエル襲来の影響で壊れた壁の修理などの為にヴィラ・ローザを一時退去せねばならず、おまけにマグロナルドも業務形態変更の為の改装で一時閉店と、家と職をまとめて失った魔王さま一行が大家の紹介で海の家「大黒屋」に住み込みで出稼ぎに行くお話。そこにちーちゃんや恵美、鈴乃もやってきて・・・という。

ところがその海の家・大黒屋はかなり小汚い古びれたお店で、これまでのマグロナルドと、そしてマグロナルドで働く前にやっていた短期の派遣バイトの経験を活かし、海の家・大黒屋大改造に着手する魔王様。

とりあえず前年比200%の売り上げとか魔王様が有能過ぎるという。
この魔王さまのフリーター生活はこの作品に欠かせない魅力ゆえどれだけ異世界側の情勢がきな臭くなっていっても少しでも残しておいて欲しいというのが切なる願いですね。


今回の名場面は2つ。

ひとつはちーちゃんの決意表明。
ガブリエル襲来の果てに今の生活の不安定さを知ったちーちゃんが恵美に対して魔王との有事の協調を呼びかけてみたり、「魔王」としても「真奥」としても、好きな男に全面的に頼ってもらえるように自らの成長を願うちーちゃん。その決意の表明。
健気でイイ女ですよ、ホントに。

そういう「女としてのステージ」という意味合いでは恵美はもうちょっとお話にならないレベルでちーちゃんに負けてますよね。ただまぁこれは現状、別に恵美が恋をしているわけじゃないってのが幾分影響している気はしますから単純に比べるものでもない気はします。
それにこれまでの経験の差でもありますし、魔王相手の因縁という意味でも不利な立場ではあるんですけどね。
ただ、直接魔王が父親を殺したわけではなく、また恵美が見ている視点というのがあくまで人間側からの一方的なものである以上魔王に対する態度に若干の不条理のようなものを自分が感じてしまうのもまた確か。
魔界側の事情がそれほど明らかになっていませんし、少なくとも魔界の実情を彼女達が全く知らなかった様子を鑑みるに、人間全般がどうにも「悪魔だから」で全てを片付けてきたようにしか見えないのです。
エンテ・イスラの人間は彼ら悪魔を言うなればちょっと厄介な野生動物の上位種くらいにしか見ていなかったんじゃないかな、と。
これを悪魔をあくまで文化の異なる異民族、隣人として見て、悪魔と人間の戦争を普通に国と国との戦争でしかないと見ればその戦争の果てに父親を失った恵美の今の態度は「見当違いの復讐心」に過ぎず、戦争は既に終わったことであり、彼女のその心理は「普通」のラノベでは基本的に諌められる類のものなんですよね。
それをあたかも正義面して魔王達のかつての行いをいつまでも弾劾し、疑惑の目を向け、罵詈雑言を浴びせ続け、被害者面しているというのはあまり気持ちのよいものではありません。
無論、恵美は間違いなく戦争で父を失った被害者であり、魔王は「敵国」の指導者です。戦争のきっかけ等はまだ描かれていないのでそこはなんとも言えませんが、それでも彼女が彼らに対して穏やかならざる気持ちを持つこと自体は否定しませんし、見当違いだとは言いませんけどね。
「イイ女」という意味ではどうかな、と。まぁぎゃーぎゃー喚いてもなんだかんだで協調してるし、全く聞く耳持たないわけじゃないので、それだけでも十分に「イイ女」と言えなくもないんですけどね。それでもまぁなんというかややガキ臭いというか。

まぁ何が言いたかったかといえば、「悪魔が悪である」という人間側が持つ視点がどの程度正当性に基づくものなのかな?とこの作品に関しては思うわけです。
あとは魔王さまが王様になって全部統治ってのもそこまで悪い案でも無い気がしますけどね。
魔界は今回の見るにどうやらかなりきっちりと治まっていたようですし。
翻って人間側はどうにも上手く治まっているように見えませんし。


んでもう一つの名場面。
1巻以来の魔王様光臨。
はたらく魔王さまも社会人的なカッコ良さがありますけどやっぱラノベの主人公的にこういうカッコよさ、時々は見せて欲しいですよね。
圧倒的なカリスマオーラ。
魔王さまマジ魔王。


でもって最後に一言。
アラス・ラムスが可愛過ぎてヤバイです。
カラーの口絵、これ頭でか過ぎwww
1,5頭身くらいですか?
しかもなんか微妙にドヤ顔。
でもそんなの関係ねぇ!とばかりに猛威を振るうアラス・ラムスの魅了台風。 
幼女は手折るもんじゃねぇ、愛でるもんだ
なんて言葉もあるわけで、俺も愛でたいぜ。肩車したいぜ一緒にお風呂に入りたいぜ>おまわりさん変質者がいます。・・・・・・・俺です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
はたらく魔王さま 4 オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる