オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS パンツブレイカーG

<<   作成日時 : 2012/05/18 19:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

バカ設定だけど主人公がカッコいい作品ですよ?

パンツブレイカーG (一迅社文庫)
一迅社
2012-05-19
神尾 丈治

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by パンツブレイカーG (一迅社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「逃げるみたいにいろんなところに引っ越して、いい人もいたけど悪いやつもいっぱいいて、そのどっちでもない、一番タチの悪いのもすごい多くて・・・・どんなに念を押した約束だって放り捨てられることがあって。でも、マサ兄はどんなに苦しくても絶対にそんなことしない。あのギフトでなにもかもメチャクチャになっちゃたけど、でも、だからこそわかるんだ。みんな自分が安全だからこそ、信頼とか大事にできる。周りがグチャグチャになっても人のことを先に考えてられる人は、いないよ。アタシはマサ兄以外、見たことない」
「マサ兄さえいなかったら・・・・って思ったこともあるよ。でも、マサ兄がいなかったら、アタシはきっと、汚い世の中に耐えられなかったと思う。いつでも、なにがあっても信じられる相手がいるっていうのは、それだけで幸せなことだよ。だからアタシは、マサ兄の妹だったことを不幸だとは思わない」



まさかの続刊、パンツブレイカー。
まぁ出オチ気味の設定の割りに主人公&妹の設定がガッチリしているので続きを出してくれると嬉しいなとは思っていましたから、これは嬉しい誤算ですけどね。

刀そのものはともかく、世界的に今後重要になってくる技術において後進国化している政府が援助する保護施設なんて、ぶっちゃけラノベ的にはもうこれ非道な実験とか色々とあっておかしくない設定ですからね。
主人公の扱われ方的にも割と納得のいく展開です。
まぁさすがに神をもう一柱吸収しましたってのはさすがに驚きですけど、それが制御能力の低下にしか役立たないとか、出オチ設定部分はブレないなぁ、と。
一方で、それをギャグにのみ用いないで、真面目に取り組んでシリアス要素にも用いる辺りがこの作品の持ち味なわけで、これってある意味MF文庫Jの「社会的に死んでも君を」に似てますよね。
この作品が好きな人は是非そちらもどうぞ、という所でしょうか。

主人公が相変わらず基本的に平凡なんだけど、生い立ちゆえに持つ確固たる矜持がカッコよさとして機能しています。

「加減がわからなくて島全体にパワーが広がったのは、俺がうまくできなかったからだ。必要な奇跡も起きたけど、起きなくていい災難も起きた。これを他人のせいにしたら、俺の中で筋が通らない」

「ほかの連中だけなら土下座してでも逃げるさ。だけど美幸と影那が見てんだ。あいつらの前でダチ見捨てるとか、みっともない真似できないんだよ」
「なにもかも、美幸に助けてもらってる。あいつはどれだけ惨めな思いをしても、俺が悪いはずないって信じ続けてる。・・・・影那も、俺を信じてくれた。その気じゃなかったにしても、俺を苦しめていた連中を追い払ってもくれた。そんなふたりに見栄のひとつも張れなかったら、もうなにも残らないだろ俺。あのふたりの前でできることぐらい全力でやらなかったら、価値ないだろ。それぐらいカッコつけられなかったら、ダサすぎるだろ」


世の中にはきっと、その程度の事が出来ない人が大勢いると思うんですけどね。
「その程度」のことができることがどれだけカッコいい事か、そう思えることがどれだけ誇り高い事なのか。
それは美幸という絶対的な見方がいたがゆえか、それともそんな兄だからこそ美幸が絶対的な味方となったのか。
どちらが先かなんて実のところわからないわけですが、そうやってお互いの存在を支えに生きてきた兄妹に割って入れるヒロインなどいないのです。

つまりヒロインに関しては新キャラも増えたけど、まぁ美幸一択ですよね!って話。
それ以外の選択肢はありませんよ、ええ、全く!
安定感のある世話女房としてブレがありませんので、はい。
同衾もなんかもう日常風景らしいですしね。
これきっと、もう先に寝た兄に性的悪戯の一つや二つしてるでしょ、きっと。
うん、少なくとも自分の中では確定ですね。
兄の手使ってオナヌーとか、くんくんしながらオナヌーとか。
余裕ですね。


挿絵では香奈子さんの水着のドヤ顔が面白かったですね。
ページめくったら水着消し飛んだバージョンの挿絵もあって思わず吹きました。

あと2,3巻は世界観的に余裕で続けられるというのですから是非に続けていただきましょう。
きっと今回吸収した朧月夜も使って新たなるパンツブレイク技を見せてくれるんだぜ?
ワクワクしないわけがないっての。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
パンツブレイカーG オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる