オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS はたらく魔王さま! 6

<<   作成日時 : 2012/10/16 21:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

これが新生魔王軍の悪魔大元帥達だ!

はたらく魔王さま! 6 (電撃文庫)
アスキー・メディアワークス
2012-10-10
和ヶ原聡司

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by はたらく魔王さま!  6 (電撃文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「だから・・・・教えて欲しいんです。魔王軍が、エンテ・イスラに侵攻した理由を」

今回の焦点はちーちゃんが悪魔大元帥筆頭に名実ともに就任したよ!って事と、人間側が「悪魔」という存在を初めて「知る」ことを考えたってこと、この2つかな、っと。

毎回言っているような気がするのだけれど、読者視点で見るとエンテ・イスラのかつての戦争は悪魔の「侵略」というよりも「生存競争」に近いものに見えていたわけで。
無論、だからといって、人間から見て魔王さまが「悪」である事には変わりはないのだろうけれど、だからといって、人間がただ被害者ぶるのは違うんじゃないかな、と。
ただ、一方的に「正義」を掲げて魔王たちを糾弾する様はある程度悪魔サイドの事情が透けて見えていると、なんと言えば良いのか、格好良くなかった。
悪魔が正しかったわけではなく、人間が悪かったわけでもない。
それでも死に向かう窮状から逃れるべく足掻いた悪魔に対して、ただネチネチと突く姿は見ていて気持ちのよいものではなかった。
魔王さま自身が既に自らの間違いを理解し、受け入れ、新たなる道を模索しているだけに、いつまでも「そこ」に留まり続けている姿がどうしても主役の片割れとしては不足を感じさせていたわけです。

が、それをここでようやく、ついに、一歩を踏み出したかな、と。
大きな、大きな一歩かな、と個人的には思います。


そして新生魔王軍の悪魔大元帥の陣容にワクワクが止まりません!
いやぁ、魔王さま、マジでかいですね。
まさに王の器か。
ちーちゃん的にはまさにかねてからの念願が叶った形になるわけですけれど、その後の恵美へのフォローのせいで微妙にモヤモヤが残る形に。
怒れるちーちゃん、マジ最強!(最恐?)

鈴乃が願う勇者エミリアによる統治ってのは正直微妙ですもんね。
古今東西、あらゆるファンタジーで救世の英雄がその後の統治者に、ってケースは割りとポピュラーですけど、正直その措置って疑問の方が大きいですし。
餅は餅屋って言葉もあるように政治は政治家にってお話。
偉業は偉業、功績は功績。
然れども、救ってもらって、さらにその先にまで彼らにおんぶに抱っこってのはちょっと人任せすぎやしませんか?ってお話かと。
つまり、エンテ・イスラが今後も王制を採るなら、とりあえず登場人物の中に魔王さま以上の適任もいないし、その独裁を阻止する抑止力・監視者として傍らに侍るほうがエミリア向きのその後だろうってお話ですね。


一方でそんなファンタジー色からガラリと変わるマグロナルド店員としての魔王さまの日常。
相変わらずその「働く者」としての意識には身につまされるものがあります。
でもうそういうのって上司とか職場次第だよね?とか悪あがきもしてみる。
いかなる状況においても個人の意識一つで「それ」を貫けるってのはちょっと意見としては個人的にはまぁ、なんか、ちょっとね。
そうやって自分の現状に言い訳しないとやってらんないとかそんな話でもあるわけだけれど。
いやでもね、尊敬できる上司や、お互いに切磋琢磨し高め合える同僚がいるならともかく、働けば働くほどに周囲から仕事を押し付けられて、他人の評価UPに使われるのってやっぱ我慢ならんですよ?
とまぁなんか思わず愚痴りたくなる程度には魅力的な職場で羨ましいなと、正直思います。


そんな感じの第6巻でした。
物語の進む方向性やキャラクターの今後にもなかなかニヤニヤしたくなるものが見えてきたので次への期待は高まるばかりですね。


シリーズ感想一覧。
http://otakouta.at.webry.info/201206/article_23.html(5巻)
http://otakouta.at.webry.info/201202/article_16.html(4巻)
http://otakouta.at.webry.info/201106/article_10.html(2巻)
http://otakouta.at.webry.info/201103/article_6.html(1巻)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
はたらく魔王さま! 6 オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる