オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS はたらく魔王さま! 5.5

<<   作成日時 : 2013/07/03 21:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アニメのブルーレイ1巻の特典です。



「まますごいの!くまどーんて!」

特典小説にアラス・ラムスが出てきたという事はつまりアニメ2期でアラス・ラムスが登場するってことですよね!(え?

というかアニメで2巻までしかやってないのに、そのアニメの特典で5巻の後の話をやるとか!
微妙に不親切じゃね?
いや、ま、いちいちちゃんと解説してるからアニメしか知らない人でもそれなりに楽しめるとは思うんですけど、でもやっぱアラス・ラムスには「???」となるだろうなぁとは思うでよ?
それでもアラス・ラムスが可愛い事に変わりは無いがな!

では、本編のお話です。
マグロナルドが改装の為に休業中で魔王城の家計を支える魔王さまの仕事がなくなったとある夏の日のお話。
ちーちゃんの親戚の農家で深刻な人手不足が発生し、魔王城にに届くSOS。
交通費支給で住み込み、三食昼寝つき、さらにはお土産に新鮮な野菜まで付くという「おいしい」アルバイトに飛びつく魔王城一行。
そしてそんな彼らを追いかけてきた勇者と鈴乃、とまぁいつものメンバーでの農業体験がメインのお話です。

相変わらず妙に地に足が付いているというか、やたらライトノベルらしくない深い知識に裏打ちされた農家事情と言いますか、就農支援プログラムだとか廃棄野菜がどうのとか、やたら一つ一つの知識がディープというか。
なんとも質実剛健な一方で、野生の熊とがっぷり四つに組む勇者(♀)とか、現実との地続き感と、いきなり現われるファンタジー設定とのギャップとのコミカルさがなんとも面白いことこの上ない。
無論、魔王さま方の庶民っぷりやファンタジー畑の人たちが現代日本に適応している姿も面白さの一端ではあるものの、それらを増幅しているのがこの現実感・・というか現実観とでもうべきものの強さかなと思わないでもないわけです。

っつーかアニメだと妙に鈴乃が魔王にデレているような印象を受けるんだけれど、小説で見るとそうでもない不思議。
単に演出上の問題か?


最後に一言

「おっと、ちーちゃんの胸元にもスイカが二つ、たわわに実っていやがるぜ?っと」

この表紙見たら、誰だって言いたくなりますよね?
俺は悪くない!


シリーズ感想
http://otakouta.at.webry.info/201304/article_17.html(8巻)
http://otakouta.at.webry.info/201302/article_25.html(7巻)
http://otakouta.at.webry.info/201210/article_17.html(6巻)
http://otakouta.at.webry.info/201206/article_23.html(5巻)
http://otakouta.at.webry.info/201202/article_16.html(4巻)
http://otakouta.at.webry.info/201106/article_10.html(2巻)
http://otakouta.at.webry.info/201103/article_6.html(1巻)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
はたらく魔王さま! 5.5 オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる