オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8

<<   作成日時 : 2013/11/21 17:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ちょっ!川なんとかさんのフラグが順調に育っちゃってるんですけどぉぉ!?



「だから、人じゃないものにやってもらう」
「材木座」
「ちょ、いや我、人ですけどぉ?」


↑は間違いなく今回一番の笑い所。
読み終わってからでさえ、このセリフを見ると吹く。
全編シリアスの中にあって一際輝くコメディリリーフ材木座。
こんな奴でもこの作品には必須です。
人じゃないけど(笑)

今回は限定版購入。
ドラマCDとかいらんけど、イラスト集は良いよね?
っつーかイラスト集にある人物紹介の見も蓋もない感じが好き。

そちらで明らかにされた川なんとかさんの激チョロっぷりが数少ない登場シーンで二重三重に発揮されており、思わず目を覆ってしまうレベル。
名前覚えてもらってないのにそんなフラグ育てちゃってどうんすんのよぅ!

今回もまた、前回同様・・・というか前回以上に苦みばしったような展開であり、前半の葉山グループへの八幡の視線に対する皮肉な結末である事や、それが八幡が少し変わろうとした行動の結果である事がその皮肉さと苦さを助長する。

葉山は・・・・なんかこれは、イイ奴ではあるんだけど決定的なところでこうなっちまうナチュラルな傲慢さは・・・・。
もしかしたら気に入られてる側なのかなぁとも思ってたけど、これははるのんに潰された側の人間っぽいかなぁ。


しかし、ね、あの八幡の始まりと終わりの述懐。
「この人生のおよそすべてに悔いている」
うーむ、どうしてこうもぼっちの心に共感を呼び起こす言葉が次から次へと紡ぎ出せるのか。
やっぱ、渡航、ぼっちだろ?

あとさ、これ、どうオチつけるんですかね?
誰とくっつくかとかそういう事じゃなくて八幡の在り方的な意味で。
結局変わらないままってのもなんかなぁとは思うけど、さんざ否定してきた「紛い物」を許容する事も覚えて「清濁併せ呑むのが大人」みたいに変に綺麗事でお茶を濁してそれを「成長」扱いで締めるのとかはぶち壊しだし。
最終的な八幡の着地点が凄い楽しみだわー。


P.S.代理戦争でゆきのんの反撃にあって涙目な女王様はちょっと見たいと思った。

P.S.P.S.ピンクパンツの女王様の挿絵が落丁してます。


シリーズの感想一覧

http://otakouta.at.webry.info/201308/article_24.html(7.5巻)
http://otakouta.at.webry.info/201303/article_16.html(7巻)
http://otakouta.at.webry.info/201211/article_24.html(6巻)
http://otakouta.at.webry.info/201207/article_21.html(5巻)
http://otakouta.at.webry.info/201203/article_18.html(4巻)
http://otakouta.at.webry.info/201111/article_19.html(3巻)
http://otakouta.at.webry.info/201107/article_10.html(2巻)
http://otakouta.at.webry.info/201107/article_7.html(1巻)


追記
八幡は別に今回「悪い」わけじゃないんですよね。
八幡は「やるな」と言ったわけでもなければ、そんな権利もないわけで。
ゆきのんが生徒会長をやりたかったのならやれば良かった。
「そういう状況」じゃない限りやるという選択肢を選べないゆきのんが面倒くさいだけで。
ただそれすらも「悪い」わけじゃない。
彼女は別にその事で誰かを責めたわけじゃないのだから。
ただ、機会が訪れなかった事を残念に思っているだけなのだから。

そして八幡もゆきのんに対して罪悪感を覚えているわけではない。
彼が感じているのは自身の行動と思考そのものへの悔恨でしかない。

今回の事は小町の為という名目上の理由はあるものの、それを求めたのは八幡に他ならず、八幡という男はそこをごまかせる人間ではないからだ。

そんな彼の全てをひっくるめて「理性の化物」または「自意識の怪物」という形容はぴったりだったのかなぁと。
そんな事を思うと同時に彼を見透かす陽乃さんマジ怖い。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる