オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS オーバーロード4 蜥蜴人の勇者たち

<<   作成日時 : 2013/11/24 19:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

く、悔しいっ!トカゲに萌えるなんて!(ビクンビクン)

オーバーロード4 蜥蜴人の勇者たち
エンターブレイン
丸山くがね

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オーバーロード4 蜥蜴人の勇者たち の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「―孕むわ」
「―は?」
「行くわよ!」


さいきんはおんなのこのほうがせっきょくてきやでほんま。

というわけで今回は蜥蜴人連合VSナザリック。
ステータススペック的に圧勝以外の目が見えないのにどう盛り上げるのかと思ったら蜥蜴側を主役にするなんて。
いや、もう完全にザリュースさん主役じゃないっすかー。
めっさイケメンじゃないっすかー。
おまけにクルシュたんに萌えさせられちゃうしぃ。

ナザリックの攻撃を凌ぎきって思わずホッとしちゃいましたよ。
何で主人公陣営を敵に回した側に肩入れしてんだよ(笑)

んでまぁ第二次攻撃に全滅必至でどうなる事やらと思ったら守護者の意識改革が今回の目的の一つだった、と。
この敗北で成長の可能性を手にしたコキュートスの嘆願で辛くも生き残ってくれて、残りのキャラ立ってた人物にも復活の可能性が残っていて個人的には嬉しいわけですが、現状のレベルだけ見るとさすがに今後絡んで来そうにないわけで・・・。
どうするんですかねぇ。

っつーか初期から陣営としてはかなり充実していた上にガンガン作中にキャラを投入するから誰が誰だか分かりづらいねん。
巻末に新規キャラの一部だけじゃなくてもう少し小さめで良いのでこれまでのキャラの一覧も載せてください。

しかしアインズは鈴木悟としての意識とのバランスが絶妙ですねぇ。
「絶対的な崇拝を捧げられる圧倒的強者」とか聞くとさすがに「うへぇ」な感じですけど、ただのサラリーマンが必至こいて支配者演じている部分や守護者達の人外の感性に素に戻りそうになる内面と必至に取り繕う外面とのギャップとか。
前者は好感が持てるし、後者は読者である自分との共感に繋がるし、イイ感じのキャラクターになってます。

そしてアルベド、シャルティアという両ヒロイン(?)の自重しない性癖とかwwww
人間(吸血鬼?)椅子にされてヘブン状態のロリとかヤバ過ぎでしょう?(笑)
アルベドさんもちょっと取り繕いましょうよ、ダダ漏れすぎです(笑)


まぁ今回は何よりもヒロインとしてはクルシュたん最高ハァハァ状態ですけどね!
「孕むわよ!」
とか男らしすぎるわーー!
さらに
「・・・・・私の体ですか?」
おまっ!ちょっと前まで自分の体にコンプレックスしか持ってなかったんじゃなかったけ?
どんだけ女としての自分に自信植え付けられたんだよ(笑)

あとは俺TUEEEE状態のパフォーマンスがいいですね。
アインズ・ウール・ゴウン降臨!みたいなあの過剰演出っぷりがテンション上がってたまらんわ。

P.S.聖王国両脚羊が人間じゃない可能性を感じられない件について。デミさんマジ鬼畜!


シリーズの感想一覧
1 不死者の王
2 漆黒の戦士
3 鮮血の戦乙女

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オーバーロード4 蜥蜴人の勇者たち オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる