オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS 覚醒ラブサバイバー

<<   作成日時 : 2013/12/12 17:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ニコニコ動画で人気の楽曲をボカロP自ら小説化。

覚醒ラブサバイバー (電撃文庫)
アスキー・メディアワークス
2013-12-10
砂守岳央(沙P)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 覚醒ラブサバイバー (電撃文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「やらなければならないことには興味を持てないのがレディのたしなみですわ」

そもそものスタンスとして自分はボカロに対する興味が薄くて、この作品についても一切知らず、ゆえにコラボの話を聞いても「話題性重視か」という程度の認識で興味の欠片も抱く事はなかったのです。
それがなぜこうして買って読んで感想を書いているかといえばこれがまた気の迷い以外の何物でもなく、なんとなく興が乗ったのでネットで検索して「覚醒ラブサバイバー」なる楽曲を聴いてみたことが始まりでした。

してみればなんですかこれ。
地味で平凡な男子が一世一代の決心で好きな子に告白しようと学校の屋上に呼び出してみたらテロで爆破でサイキック覚醒!とか。
しかもその理由が人間の本来の能力が云々、死ぬ間際のゴキブリの覚醒がどうのと、だから初めての恋の一世一代の告白の場で極限状態におかれりゃ覚醒くらいなんのその、と。
馬鹿だ!こいつマジで馬鹿だ!wwwww
という事で気が付いたらネットでポチッって今月発売の電撃文庫の作品の中でいの一番に読み終えていましたよ。

そんなわけで気が付けば多大な期待を寄せられた本作の出来の方はいかがかと言えば、及第点は超えたかなというところ。
単体の小説としても読めるレベルの作品なのは間違いないです。

ただ、楽曲の方の「覚醒ラブサバイバー」を初めて聞いたその時のテンションで楽曲のあのカオスを期待していくと、結構無難な形に落ち着いちゃってるのでテンションに落差があってちょっとだけ残念といえば残念ですね。


で、あとまぁ読み終えて初めて知ったんですけどこのシリーズって3曲公開されているんですね。
「全力疾走ボーイミーツガール」に関しては今回の小説化の部分に全く掛かっていないので2巻以降の予定があるんですかねぇ?
普通に続けられる終わり方ですし楽しみに待ちたいと思います。


ちなみにこちらが楽曲版です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
覚醒ラブサバイバー  オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる