オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~

<<   作成日時 : 2014/02/05 21:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

母来る。

ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)
アスキー・メディアワークス
2013-02-22
三上 延

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


『大輔さんの方がいいです』
『わたし、他の人とこういう話、したくありません』


魔性や。
この女マジ魔性やで。

無防備さといい、無自覚なセリフといい、どんだけやねん!

もうやめて!大輔さんの恋心は満タンよ!


という事で母来襲編。
なんか思いのほかあっさりと帰ってきた印象ですね。

ヒトリ書房の井上さんから聞いた過去の因縁に関しては、まぁ手段選んでないけど誰かを不幸にしたわけじゃないし、やっぱり「そこまでアレな人じゃない説」は間違いでもないかと思ったんですけど、大輔くんへの睨みというのが・・・・。

いや志田さんがさらにフォロー入れてたけど、なんかそれ一つじゃ挽回できないレベルで恐怖を感じるんですけど!?

それとも出会って1年でようやくデートに誘えたヘタレな大輔だからそう感じただけですか?(笑)
いやいや、頑張ったよ!?
大輔くん今回頑張った!
出会ってすぐならいざ知らず、栞子さんみたいな人相手にそうと分かった上で突貫するのは勇気いると思いますよ?

ただね、フォローが入ると逆に疑いたくなるのが人情というかただの天邪鬼というかね。
文香への絵本には連絡先が書いてあったとは思えず、これといってメッセージもなかったっぽいので文香のメールに返信しなかったのは志田の言うような理由じゃなくて意図的なものなんじゃないかと勘繰ってみたり。
古書に対する知識の凄まじさを思うに、志田の言うような通り一遍の凡庸な理由は似合わないというか胡散臭さしかないというか。
忘れてたんじゃなくて、栞子からじゃないから無視してたんでしょ?っていうね。
あの場で栞子を誘ったこととか鑑みてもなんか文香への愛情なんてないんじゃないかと、むしろ栞子にしたって親子の情とかではないんじゃないの?っていう。
それこそ、栞子の知識とかに利用価値を見出しただけじゃないか?という、そんな疑問が自分の中からは浮かび上がってくるわけですが。


話がまるッと変わりますけど、これは漫画版買うべきかね?
栞子さんの無自覚テンプテーション(笑)の数々とか、それに対して懊悩する大輔とか想像だけでも十分なんだけど漫画とかで見れたらそれはそれでイイよね?っていう。
っていうかね!表紙の栞子さんの巨乳っぷりが成長してない!?っていうね!
これはもっと直に拝むべきだろ!っていうね!

漫画版・・・・どうすっかなー。


シリーズの感想
ビブリア古書堂の事件手帖〜栞子さんと奇妙な客人たち〜
ビブリア古書堂の事件手帖2 〜栞子さんと謎めく日常〜
ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる