オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS 神様のお仕事 3

<<   作成日時 : 2014/03/28 22:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

神は傍にいまし、すべて世はことも無し

神様のお仕事 3 (講談社ラノベ文庫)
講談社
2013-11-01


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 神様のお仕事 3 (講談社ラノベ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「私は真人さまに――恋をしています」

最終巻は読みたくない病が発動してしばらく積んでいた最終巻シリーズの一角。

これを読み終えた感慨に耽っているときに「ふふふ、例え我を読み終えても、まだ第二第三の最終巻が積んであるのじゃ」という声が聞こえたとか聞こえなかったとか。


まぁそんな与太はさておき作品の話。

とりあえず何を置いてもまず言いたいのは良いシリーズだったと、それに尽きる。

ラブコメ主人公としては鈍感でも難聴でも愚かでもなく、人助けメインのお人好し主人公としては押し付けがましさも偽善も偽悪も甘さも無いフラットな姿勢。
現人神という設定と莫大な神としての力を持ちながらも、ただの男子高校生としての感性と、それでいながら凡百の主人公の中に埋もれきらない。

特別なようで特別じゃなく見えて、でもやっぱり少しだけ特別な、そんなラー油みたいな主人公こそがこの作品の最大の特徴であり魅力であったように思えます。


まぁヒロインはそんな主人公でも手綱は握れない病み属性持ちの肉食系女子だった為に格好つけて終わろうとした後の後日談で見事に食われましたけど(笑)

次回作にも期待しております。


シリーズの感想
1 2


以下戯言

しかしなんだかなぁ。
ここ最近妙に涙腺が緩んでる。
いや、もともと結構緩かったんだけど、最近は前にも増してなんか緩い。

神は傍にいまし、すべて世はことも無し

エピローグでこの文章を見て、それが頭の中に入ってきたときに、なんか妙に泣けてきた。
っつーか今もこうして書いていて目が潤む。

なんだろ?
侘び寂び?郷愁?寂寥感?

ホント、なんでやろ?
最近こういうのがやたら多いわ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
神様のお仕事 3 オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる