オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS 対魔導学園35試験小隊7.逆襲の紅蓮

<<   作成日時 : 2014/05/07 19:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

復讐の行く末。

対魔導学園35試験小隊7.逆襲の紅蓮 (富士見ファンタジア文庫)
KADOKAWA/富士見書房
2014-04-19
柳実 冬貴

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 対魔導学園35試験小隊7.逆襲の紅蓮 (富士見ファンタジア文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「・・・ずるいぞ・・・お前」
「人が弱ってる時にだけ、何故そうもタイミング良く現われるのだ・・・」


タケル不在の中、ついに始まってしまった戦争の最前線に放り込まれた雑魚小隊の面々。
現場の人間とまともに連携もとれぬ劣悪な環境の中で桜花を中心になんとか生き延びようと足掻き続ける。
そんなとき、桜花が長年捜し求め続けた家族の仇「ラフメーカー」と呼ばれる魔女が戦場に姿を現す。

仇敵を前に心逸る桜花。
間近に死を見てトラウマ再発のうさぎ。

小隊メンバーの意思すらバラバラになる中で各々の心の気高さが問われる!


そんなわけでタケル不在の小隊メンバーが各々のタケルへの思いの丈をぶちまける第7巻です。

ここまでヒロインとしては不遇だった桜花がめちゃんこヒロインしてますね。
逆に今回不遇だったのは斑鳩か。
一人だけ再会パートなかったもんなぁ。


相変わらず展開そのものは割りと王道なんですよね。
ただ、テンションのコントロールが上手いのか、作りが丁寧なのか、もしくは単に自分の嗜好にピッタリフィットなのか。
とにかく読ませる読ませる。
名シーンの目白押し。
熱くてカッコいいキャラと、それを引き立てる外道な敵が目白押し。


桜花とうさぎが成長して、ついに審問会と袂を分かち、物語は新しいステージへ。

さぁ、ここからが本番だ!


シリーズの感想
1.英雄召喚
2.魔女争奪戦
3.錬金術師二人
4.愚者達の学園祭
5.百鬼の王
6.瑠璃色の再契約

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
対魔導学園35試験小隊7.逆襲の紅蓮 オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる