オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS ネトオク男の楽しい異世界貿易 1

<<   作成日時 : 2014/06/24 19:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

異世界と現代日本を行ったり来たり。

ネトオク男の楽しい異世界貿易 1 (MFブックス)
KADOKAWA/メディアファクトリー
星崎 崑

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ネトオク男の楽しい異世界貿易 1 (MFブックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「くそっ・・・・・。すべてはクズが増えたせいだ。クズが俺だけなら、真面目な人たちに乗っかって生きられるのに・・・・。」

なろう産の異世界モノ。
ただし、自分が今まで読んできたものとは違って転生とか転移とかではなくて行き来が可能で実際に行ったり来たり、異世界産のものを日本で売ったり、逆に日本の物を異世界で売ったりという異世界貿易や掲示板で報告して信じてもらえなかったり。

と、書くと何がしたい作品なのか分からないところだけれど、実際にこの1巻はプロローグ的な物で何がしたいのかはさっぱり。

ヒロインは3名。
人妻おねぃさんのレベッカ、ハイエルフのディアナ、ターナ族(ダークエルフっぽいもの)のマリナ。
但し、後ろ二人は微妙に精神的に幼くてヒロインというか娘or妹的な印象が1巻では強い。
奴隷だけどなッ!

異世界の特色としては精霊からの「祝福」を受けると(←誰でも気軽に受けられる)「天職」と呼ばれる才能のようなものが存在する。
この「天職」というのは通常の職業に比べてその職に関わる能力の習熟度が約5倍の早さを持つという。

もうひとつは「祝福」を受けているものは「精霊の導き」という名のクエストが各個人個人に随時発生するというところか。
このクエストを達成すると「精霊石」というアイテムをもらえて、これが換金すればかなりの額になるわ、色々と便利な使い道があるわで、クエストを発生させる条件である「祝福」を失わないために、また「精霊の導き」に従って生きるものが多いために治安が割りと良さそうなイメージ。
・・・・まぁ奴隷とか普通にいるんですけどね。
おそらく、この「精霊の導き」の一部が今後物語に深く関わって行く事になる・・・・のだと思う。


主人公はパラサイトニート。
ただしネトオク暮らしで収入自体はなくはない。
そして異世界固有の「天職」は基本的に商人系能力でタイトルに恥じぬ作品になってはいるものの、ソレとは別に「剣士」だの「魔術師」だのというものまで持っているので今後どうなるかは予断を許さないかと。
内面的には一般的なオタクですがアホみたいにテンション高すぎとか考え無しという事はないのでまぁ許容範囲内。


とりあえず年上ヒロイン大好きっ子の自分としてはレベッカさんが素敵なのと、物語の展開や主人公に不快感や無理をそこまで感じないので2巻も買ってみる予定。
行ったり来たり、というのも初めてで新鮮味ありますしなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ネトオク男の楽しい異世界貿易 1 オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる