オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS 大英雄が無職で何が悪い 01 Soul Collector

<<   作成日時 : 2014/06/06 18:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

天上天下俺独尊な主人公。

大英雄が無職で何が悪い 01 Soul Collector (オーバーラップ文庫)
オーバーラップ
2014-05-22
十文字青

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 大英雄が無職で何が悪い 01 Soul Collector (オーバーラップ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「俺たちは運がいい。俺のおかげだな」

目を覚ませばそこは異世界グリムガル。
「異世界」とは言っても自分がもともといた世界の事なんて何も覚えていない。
覚えているのは名前くらい。

異世界から時折訪れる者たちを「義勇兵」として魔物が跳梁跋扈する辺境の開拓に使い潰す世界を舞台に舞い降りた自称大英雄キサラギの英雄譚が今、幕を開ける!

そんな感じの話です。


根拠不明の自信をもとに傲岸不遜な態度、口を開けば大言壮語。
そんな主人公キサラギですがその時々で常に「何をしなければいけないか?」を自分自身で全力で考えており、他人の敷いたレールをなぞらずに自らの意思で道を切り開く姿は英雄の名に恥じません。
まぁ、運が味方している部分も多分にあり、能力的にはへっぽこに近いですが、運を味方につける意志や行動力、チャンスを逃さぬ決断力があるのですからカッコイイと言っても良いのではないでしょうか。

ヒロインは現状3名。
アマノジャクなのに自己肯定感の薄い面倒くさい女・イチカ。
危機感の余り働かない頭緩めの少女・モモヒナ。
そしてぽっちゃりゆえに迫害されて育ったエロフのだめおっぱいことミリリュ。

自分に自信のないのが二人もいるので無駄に自信に満ち溢れたキサラギとの対比というかやり取りがちょっとエロイというかなんというか。


チャンスとは常に掴もうとしている者にしか掴めない。
そんな物語かと。


ちなみに同じ世界、同時代を舞台にした「灰と幻想のグリムガル」という作品が既に3巻まで発売されております。
自分はこの作者の心に痛い切なさというかシビアな感じが苦手なもので基本的には手を出しませんし、そちらもそんな匂いはあるので買うつもりもありませんが、この作品は「実験的であり、今までとは作風が違う」と聞いたので手を出しました。
イイ感じでありました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大英雄が無職で何が悪い 01 Soul Collector  オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる