オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔技科の剣士と召喚魔王<ヴァシレウス>6

<<   作成日時 : 2014/07/25 17:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

激動!



「お、おい林崎!おまえ、何ウットリしてるんだよ!そんなオッサン相手に!」

相変わらず挿絵は微妙ですね。
特にP.28,29の見開きのアレ。
なんで見開きでそれ?
そして口絵での琥珀のハブっぷり(笑)

まぁ開始早々の光先輩との69(違)とかシチュエーション的な破壊力が大きいですけど笑いましたし、一羽先輩の濡れ透け改造和服はそこそこ良かったですけどね。
いや、濡れてる事加味しても普段着としておかしい気はするけどね?


物語的には、東西に分かれた内乱で後手に回った日本は大和に対して一発逆転の目もある潜入作戦へ。
そこからVSスサノオの日本神話頂上決戦、中華道国の介入と反中華勢力たる「梁山泊」の登場、さらに各魔法先進国による調査団派遣により日本を舞台にした世界大戦の可能性まで視野に入ってきてまさに激動の一言。

他にも剣士にして召喚師であり、さらに王であるという一樹のライバルの登場や一羽先輩の魔法剣士としての覚醒、一樹の王としての権能の強化などなど見所はたくさん。


ヒロイン的に焦点が当たったのは潜入作戦の相棒である一羽先輩で、ラブラブ裸祭り(笑)でついにデレ化達成。
今回はほぼ二人での潜入任務でしたがその前段階の海水浴では水着回を挿入しヒロイン全員と満遍なくイチャイチャしたり、姉妹丼の為の布石を打ったりと如才なくコミュニケーションもこなしております。
もちろん新規ヒロインもGetしたり、おまけで日本神話そのものすらも配下にしたり、王としての活動も順調そのもの。

とにかく物語が息つく暇もなく動くので、ジェットコースターのように振り回されているような感覚でそれが慌しくもあり、楽しくもあり。
相変わらず諸々のバランスも良いですし、ヒロイン落とすのにもそこそこ時間かけるし、主人公も心技体のバランス良く成長を重ね安定感がありますし、面白さは加速するばかりです。

まぁ実は一度腰を落ち着けるため・・・というか、イチャイチャメインで短編集とか出してくれると嬉しいかなとか思うわけですけどね。
イチャイチャもっとプリーズ!
いやぁ、なんかイチャイチャがエロくて好きなんですよね、この作品。
主人公の方がヒロインに合わせて攻略法を変えてる感じがなんか「攻略してる感」を高めているというか。
素でニコポとか天然鈍感仕様とかじゃないのでエロいんですよ!
糖度120%のロマンティック短編集をよこせぇーーーー!

あ、18禁でもいいですよ?(ぉぃ)


シリーズの感想
    

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
魔技科の剣士と召喚魔王<ヴァシレウス>6 オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる