オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS レイセン File7:誰も、あなたを放っておかない

<<   作成日時 : 2014/08/04 21:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ハッピーエンドはどこにある?

レイセン File7:誰も、あなたを放っておかない (角川スニーカー文庫)
KADOKAWA/角川書店
2014-07-31
林 トモアキ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by レイセン File7:誰も、あなたを放っておかない (角川スニーカー文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「ああまで言われてすっ込む義理があるのかい」

ヒデオの覚悟と決意が定まるまでが描かれる第7巻。
しかしそんな彼の決意と覚悟を嘲笑うようなラストの衝撃的展開。


6巻の感想で>シシルや睡蓮がマックルを相手にしたときとか狂犬じみている一方で「組織」相手だと妙に上から目線というか余裕ぶっこいてる感じが掬われそうな感じがあって怖いなんて書いたんですけど、まず足元を掬われる形になったのはシシルでも睡蓮でもなくヒデオだったというね。

なんだかんだでヒデオがウィル子に引っ張り出されてから出会ってきた人達はみんな逞しかったから。
聖魔杯では敵も味方もなく和解ができて、友達になれて。
だから、彼の基準は色々な意味でちょっとずれていたんだと思う。

自分は弱い存在で、人は強い生き物で。
話せば分かる。
強いからこそ余裕があり、和解の余地がある。

そういう意味では恵まれていたのかもしれない。

それをまざまざと見せ付けられて、思い知らされたのがこのラストの展開なのかもしれない。

別にこれはヒデオの罪じゃない。
どう考えてもそれは違う。
あくまで悪いのはTMEである。

でもヒデオにとっては罪になった。
ヒデオの主観では彼自身が背負うべき十字架になった。
己の甘い判断が今回の事態を招いたと。

そんなヒデオがこの事態に、これからの事態にどう立ち向かうのか。
どう対処して行くのか。

これまでのヒデオの判断は甘かった。
でもその甘さが救ったものもたくさんあった。
だからきっとその甘さは間違いではないはずだ。

でもそれでは救えないものも確かに存在する。
それが今回のような事態を招く事もある。

ならば―――

切り捨てるのか?
それとも過ちを繰り返すのか?


ヒデオは一体どんな決断をするんでしょうねぇ。


土壇場でのウィル子とエリーゼの登場には燃えましたねー。
そして、

「お・・・・おぅ」
「おっ、おぅ・・・・・」
「ふ、ぁ・・・・?」


まさかのデレ3連発です。
「カッコイイヒデオ」の精霊殺しスキルがヤバイですね。
レベル3クラスですよ。

それに鈴蘭会長マジ男前!
やっぱこの人カッコよすぎやわー。

ただ、エルシア様の出番がないのだけは残念だったわー。


シリーズ感想一覧。
File2:アタックフォース
File:3 ワンサイド・ゲームズ
File5:キリングマシーン
File6:三人きりのフォース

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
レイセン File7:誰も、あなたを放っておかない  オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる