オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS 駅伝激走宇宙人 その名は山中鹿介!

<<   作成日時 : 2014/09/06 19:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

なんというあらすじから香るB級感。

駅伝激走宇宙人 その名は山中鹿介! (メディアワークス文庫)
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2014-08-23
つるみ犬丸

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 駅伝激走宇宙人 その名は山中鹿介! (メディアワークス文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「だーいじょうぶよっ。出雲に何かしたら、またあたしがブン殴ってやるから!」

駅伝×宇宙人(戦国武将・山中鹿介幸盛:本人)というもはや何がなんだかというあらすじが、むしろ一周回ってこれは面白いんじゃないかという勘違いを引き起こし購入に至る。

まぁ早苗ちゃん「は」可愛かったですよ?


とりあえず過剰なキャラ付けがなされたラノベらしいラノベでもないのにごくごく平凡な高校生に「だぜ?」とか「○○かい?」なんて口調は物凄い違和感を覚えるので止めてもらいたい。

そして兵庫の件はない。
本音では仲良くなりたいけど素直になれないから勝負で勝って・・・・なんていうきっかけから始まってる勝負でする策略ではない。
普通に考えて遺恨の残るやり方だろう。
兵庫も兵庫で惚れた弱みうんちゃら言うてもそんなイエスマンやってて振り向かせられるとは到底思えませんよ?

そして終盤の降って湧いたような登場の妨害要員の頭の悪さ。
そもそも当てられんのかよ!?っていう話だし、バレないと思ってるのかバレていいと思っているのか知らないけれどそれでお前が得られるものと失う物のバランス考えろよ?という。

主人公も主人公でどうにもヘタレというか煮え切らないというか主体性が無いというか。
基本的な思考がネガティブというか後ろ向きというか否定形ばかりで前向きな意見が聞こえてこないといううんざり感。
早苗が暴走するから抑え役が必要なのはわかるけれどだからといって困難に直面した際に足掻く意見よりも諦める意見ばかり出されては魅力を感じるわけが無い。


駅伝に関しては作中で随分と「素人が短期間の練習で玄人に・・・・」とか言わせていたくせにいざ始まってみれば精神論根性論無双という。
いや、小夜はさすがにシルビアに負けてはいましたけどね。
小夜以上に練習していない鹿介が根性一つで食らいつけるのはマリオが情けないのか根性(笑)ゆえか。
多分山中鹿介幸盛にしたのは「七難八苦」がやりたかったんだろうなぁとか思うんだがそれがB級感際立たせているわけで、じゃあなければ綺麗な作品になるかというと凡作に落ち着くだけなのでイロモノとしてでも目立てただけ選択としては間違っていなかったのかなぁ。

小夜に関しては色々と外で交友関係を築けてはいるものの完全に物語の外での事なのでそれが物語的な意味で価値を持つかというとやや疑問。
そもそも小夜の抱える問題に対して何かしら影響を与えている節もないわけで。
小夜か主人公か問題解決はどちらかに絞ったほうが良かったような気がしないでもないが、そもそも主人公の問題というのもなんだかなぁという。
まぁ小夜の抱える問題を通して自分を見つめ直して・・・・みたいなノリ・・・・・なのかなぁ。

そんなわけで口を開けば否定形の感想ばかりが出てくるわけですが良かったこともなくはない。

早苗ちゃんは暴力系ヒロインという括りにもなりかねないものの、自分が受けたイメージとしては「ガキ大将ヒロイン」とかそんな感じで、それなのに出雲スキスキ光線はたっぷりなのでなんか妙に微笑ましく可愛かったです。
以上!


全体的に見ればあらすじ通りのB級作品で青春モノで意外に駅伝してました。
ただ純粋な駅伝モノというには不純物が混じりすぎているし、人の生き死に関わりゃ感動(笑)すんべ?みたいな印象を受ける・・・・というとさすがに穿ちすぎな気もするものの、それが個人的には「不純物」に見えるのでどうしてもそう見えてしまうわけで。

要するに自分には合わなかったですね。
早苗ちゃんは可愛かったですけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
駅伝激走宇宙人 その名は山中鹿介! オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる