オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS Only Sense Online (3)

<<   作成日時 : 2014/10/19 17:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

3巻は全編書き下ろし。

Only Sense Online (3) ―オンリーセンス・オンライン― (富士見ファンタジア文庫)
KADOKAWA/富士見書房
2014-10-18
アロハ 座長

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Only Sense Online (3) ―オンリーセンス・オンライン― (富士見ファンタジア文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「これが物欲センサーの力!」

全編書き下ろしなのでweb版を読んでいる人も鮮度の高い楽しみを得られます。
内容としてはweb版でも後々登場する合成MOBにユンが手を出したり、図書館で隠しクエストが発生したり、web版でさらっと流された生産ギルド設立の話がガッツリ描かれたり、3姉妹で冒険したりが絡み合ったお話となります。

個人的に、物凄い今更ではあるのですけれど主人公の「実は男」設定がどうにも無意味な気がして仕方ないというか、むしろ邪魔な気が・・・・。
それを軸にした恋愛要素があるわけでもないし、ネタとしてうまく使ったコメディがあるわけでもなくて、基本的にリアクションや行動に萌えられて「俺は男だ!」って主張するパターンが繰り返されるだけなのでどうにもこうにも・・・。

百合妄想にしろ、純粋にユンというキャラに萌えさせるにせよ、普通に女にしちゃった方が良いと思うんですけどね。
OSOの他プレイヤー達はユンに萌えたりしてますけど、読者にして見れば男であることがわかってしまっている以上、少なくとも同じようには萌えられないんじゃないかと思う・・・・と言うか自分は萌えられないんですよね。


しかしまぁOSOというゲームそのものの魅力はやはり反則です。
正直、今の世の中ではありえないゲームですよね。
いや、VR要素を抜いても、ですよ?
攻略情報ってのはどうしたって出てきて広まっちゃいますからね。
そもそもこのゲームほどの奥行きを持った作品っての自体若干ファンタジー入ってるわけですけど。
まさしく「オンリーなゲーム」ってヤツでそれはどうしたって魅力的で、それを十全に読者に魅せているのが生産職であるユンのプレイなんですよね。
これ、逆にユンが戦闘系プレイヤーだったらここまでこのゲームを魅力的に表現できなかったと思いますよ。


そんなわけでとても奥行きの深いゲームのその奥深さを十全に表現できるまさしくオンリーなプレイを楽しむユンのプレイ日記のようなこの作品は相変わらず面白かったです。
4巻はまたweb版の加筆修正になるんですかね?
だとしたら早めに出してもらいところです。

そんなわけでよろしく!


シリーズの感想
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Only Sense Online (3) オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる