オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS 巡ル結魂者4

<<   作成日時 : 2014/11/04 21:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

もっとコメディっててもいいのよ?

巡ル結魂者4 (講談社ラノベ文庫)
講談社
2014-10-31
秋田 禎信

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 巡ル結魂者4 (講談社ラノベ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「マタベンキョウシテマイリマス・・・・」

トアコも恐れる最強のリンカの登場から管理局と訓練校の真っ向からの対立、そこにさらにライガの襲撃までもが加わって・・・・?!な第4巻です。

航斗に問われて得意満面で教授役を買って出たものの質問攻勢であえなく撃沈涙目のテイカの相変わらずな脳筋へっぽこっぷりが可愛くて仕方ないですね。

他、時空剣ブルースペードに対する航斗の扱いとやり取りとか、みんなのお姉さん超聖女メイマスモゴリアさんの存在とかコメディとしての素養はたっぷりなのに作品の根っこがシリアスなのでイマイチ乗り切れないというか・・・・。

いや、本編の息抜きとして十分コメディは楽しめるし、リンカの設定やその為の生物の設定など十分に異能バトルとしても楽しめるんだけれど、もっと本格的なコメディとしても楽しめるだけのスペックがあるだけにもったいなさが募るというヤツで、この辺はホント作者の代表作である「魔術師オーフェン」の牙の塔を彷彿とさせますよね。
訓練校でのドタバタコメディとかでも十分すぎるほどに楽しめる作品が出来上がりそうなだけに完全コメディな短編集を偶数巻でシリアス本編な長編を奇数巻とかでもいいと思うの。


本編に関してはライガが退場してラスボス登場?
しかもその正体がメイゴリさん?という。
というなかなかな超展開。
メイゴリさんが余裕なくなってシリアス一直線だけはちょっと止めて欲しいところですけどその辺は航斗がなんとかしてくれると思いたい・・・・・、思いたいがしかし航斗は航斗でライガ戦の最後の方でちょっと揺れてるからなぁ。
正念場ですかねー。

ってそういや今回黒歴史なかったなぁ。
打ち止め?


P.S.雪王さんも上からこんにちわしちゃいそうですけど実はメイゴリさんもポッチがそろそろこんにちわなギリギリ感のあるイラストだと思うんですよねぇ。


シリーズの感想
1 2 3

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
巡ル結魂者4 オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる