オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン ガールズトーク 狼と魂

<<   作成日時 : 2014/11/10 17:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ハンバーグはデザート。いいね?

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン ガールズトーク 狼と魂 (電撃文庫)
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2014-11-08
川上稔

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン ガールズトーク 狼と魂 (電撃文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「おおきくなあれっ。おおきくなあれっ。――ハイっ」

奥州からの依頼で大規模な禊祓事業に精を出した武蔵の面々。
その夜の宴会にて最中に度々話題に上がった「3年前」に疑問を持った正純が問いかける。
「なあ、ミトツダイラ。――三年前の禊祓の時って、何があったんだ?」

「昔々のことですのよ?私が総長連合に入ろうとか、銀鎖や銀狼の名を得るよりも少し前のこと。荒れてたのを修正してからちょっと後。中等部三年の事ですの」

そして捏造含みで語られるかつての三年梅組を襲った桶狭間の戦いの絡む謎入り混じりの怪異騒動のお話。


とまぁそんなわけでミトツダイラにとって変わるきっかけを得た契機のお話ですね。
内容を要約すると「揉んでもらって大きく育つお話」です。

読者からの要望による単巻構成のサイドエピソードとしての書き起こしだそうですね。
これはつまりひょっとすると、この作品もまた反響が大きければさらにサイドエピソード追加クルー?
わざわざ「追憶編」なんて銘打ってるって事は他にも案自体はあるんやろ?
よし、アンケートハガキ出さなきゃ!(使命感)


以下雑感

「牛乳」
アデーレを例に出して牛乳勧めても成功例じゃないんだからダメじゃね?(酷い)

「高いお酒?」
この頃のハイディはまだ綺麗なハイディだった可能性が。三年でシロジロに染められた?

「呼び名」
役職がまだ無いために一部キャラの呼び方が変わってるのがちょっと新鮮ですな。
一番の意外はナイトのトーリに対する「トーちゃん」か。
まぁブルーレイの特典のキャラソンで既に開陳されてる呼び名ではありますけどね。

「言霊の効果」
効果がなかったあのサイズからなのか、それとも言霊のおかげであそこまでは「大きくなった」のか。
それが問題だ。

「梅組メンバーの相関図」
というか、シロジロ×ホライゾンとナイト×トーリの関係が凄い気になってるんだよねぇ。
関係というか秘めた思いというか昔の→方向への感情というか。
後者はまぁキャラの相性的な部分もあるんだけど前者はなんかなぁ、怪しいというかなんというか。
以前トーリが大罪武装集めてホライゾンの供養にしようみたいな事を考えてたときに乗った筆頭がシロジロだったような記憶があってそれがキャラへの印象に強く影響を与えているというか。
仮にそれが事実だったりするとハイディがシロジロにくっついてるのが物凄い健気に見えてくるという。
上述の通りこの時期のハイディがまだ「綺麗なハイディ」だったりするとなんかやるせなさも感じないでもない可能性もあるわけだけれど。
もちろん、それがあったとしてもなかったとしても現在へ相関図に影響を与える類いのものだとは思ってないけどねー。


関連作品の感想
1 
3 下(前) 下(後)
4  
5  
6   
7   
きみとあさまで
1  
2  
3  
4  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン ガールズトーク 狼と魂 オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる