オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS オーバーロード8 二人の指導者

<<   作成日時 : 2014/12/30 21:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アルベドさんは処女ビッチ。

オーバーロード8 二人の指導者
KADOKAWA/エンターブレイン
丸山 くがね

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オーバーロード8 二人の指導者 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「・・・・異性経験はないでありんす。同性経験なら・・・・」

1巻でアインズ・ウール・ゴウンが救ったカルネ村のその後をエンリ視点で描いた中編「エンリの激動かつ慌しい日々」と、同時期で一部リンクしているナザリックの日常を描いた「ナザリックの日々」の中編二つから構成される完全書下ろしな第8巻。

エンリは久しぶりの登場で嬉しいな♪・・・というよりもこのレベルのキャラだと誰だったかを覚えていないという。
戦闘メイドですらどんなキャラだったかまでは怪しいというのに。
登場人物多すぎるねんorz

それでも中身自体は面白かったですね。
こんな頼りになるゴブリン見たことない!

いや、まぁ似た系統の「邪悪にして悪辣なる地下帝国」でもゴブリンさんマジ頑張ってますけどね。
悪サイドを描く際にはゴブリンはやはり外せないのか・・・・。

そしてエンリの悩みが実はどこぞの地下墳墓の主と似てるというかほぼ同じという。
友達になれるんちゃう?(適当)
少なくともネットとかある世界だったら間違いなくチャットで意気投合するレベルですね。


一方のナザリック偏。

アルベドさんが壊れ模様。
スライム姦でヘヴン状態のアインズ様。
アインズ様はマジ天才(誤解)

概ねそんな感じ。
それぞれくだらねーことを駄弁ってほのぼのしてる感じが普段とのギャップで良かったです。


シリーズの感想一覧
1 不死者の王
2 漆黒の戦士
3 鮮血の戦乙女
4 蜥蜴人の勇者たち
5 王国の漢たち[上]
6 王国の漢たち[下]
7 大墳墓の侵入者

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オーバーロード8 二人の指導者 オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる