オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS 勇者イサギの魔王譚1 夢の始まりを始めるために

<<   作成日時 : 2014/12/31 17:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

学生→勇者→魔王。

勇者イサギの魔王譚1 夢の始まりを始めるために
KADOKAWA/エンターブレイン
2014-06-30
みかみてれん

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 勇者イサギの魔王譚1 夢の始まりを始めるために の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「お前ひょっとしてただのシスコン・・・・」

異世界に召喚された学生が勇者として魔王を倒し、共に旅した少女への告白でハッピーエンド・・・・と思いきや、さらなる召喚が勇者を襲い、やってきたのは20年後の世界。
そこにいたのは自分が倒した魔王の娘で、自分が味方した人間族が魔族やその他の種族を迫害する世界で、召喚された自分は魔族を救う魔王候補で、という。

一捻りした異世界召喚モノですね。
いわば「二周目」の主人公の振る舞いが共に召喚された「一周目」の同じ魔王候補達から見ると中2病のイタイ奴というのもまた斬新。
一方でそんな主人公の心のうちを知る読者からすると「ただのオタク」に過ぎない魔王候補の一人・慶喜の視点による主人公への感想が自らを棚に上げた嘲弄に見えて多少癪に障る部分があったものの、主人公が本物の中2病である事が発覚した辺りでその辺の事は気にならなくなりました。
こ、こいつ、ほんまもんやで!(笑)

一周目の他の魔王候補達が授かったチート能力を自らぶち壊した事で手に入れられなかった上に、勇者として得ていた力さえも失って「経験」と「技術」だけの主人公と「チート能力」の他の魔王候補というのもバランスとしては中々に絶妙だったかと。

あくまで「20年後」であり、まだ主人公の一周目で知り合った人物たちが現役という事や、主人公が望んだ在り方から外れた世界の現状と、「勇者」としての主人公の素性を知らぬ一周目で「敵」でしかなかった魔族サイドの重要人物との縁と、新たなるキーパーソンとなるであろう召喚された魔王候補3名と。

物語の方もいかようにも展開できそうで中々に楽しみな作品であります。

ちょくちょく挿入される主人公の過去が現状に対して悲哀を与え、魔王候補達との交流が癒しとなり、過去と未来と敵と味方が交差する主人公の人間関係が世界をどういう方向に導くのか。
乞うご期待であります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
勇者イサギの魔王譚1 夢の始まりを始めるために オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる