オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS クロニクル・レギオン

<<   作成日時 : 2014/12/07 17:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今度の丈月城は甦りし古の英雄が入り乱れる現代版三国志!

クロニクル・レギオン (ダッシュエックス文庫)
集英社
2014-11-21
丈月 城

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by クロニクル・レギオン (ダッシュエックス文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「それでは、ただの女好きではありませんか!」

この人やっぱ「カリスマ溢れるキャラ」ってのを書くのが上手いですよね。

「カンピオーネ!」「盟約のリヴァイアサン」に続く丈月城の新シリーズは聖獣降臨から古の英雄が甦ったり、魔法やら精霊やら色々なファンタジーが溢れかえったパラレル現代日本を舞台にした「現代版三国志+巨人兵団」。
既にカエサル率いる「東方ローマ帝国」に半ば支配下に置かれている「皇国日本」から「捨てられし傍流の皇女」と「名を失った古の英雄」たる主人公が組んで行動を起こす!みたいな。

この人の作品に共通する魅力としては世界観や設定の奥深さにワクワクさせられるというのもありますが、やはり何よりの魅力はキャラクターでしょう。
とぼけた顔して肉食系な主人公に、「王」としての覚悟や矜持、野心と「姫」としての初心さ可愛らしさを併せ持ったヒロインはもとより、「復活者」であるカエサルや黒騎士郷のカリスマに、初音や立夏といった今後陣営に加わるであろうサブヒロイン格など、たまりませんね。
おまけにこの二人が趙雲と張飛なら馬超や黄忠、何より孔明はどこにいる!みたいなねッ!
わくわくは留まるところを知りません。

その上今シリーズはイラストがBUNBUN!
自分の中でトップクラスにお気に入りのイラストレイター!
たまりませんね!

当然丈月城の作品なので今回もお色気シーンは完備。
名を失ってるせいで霊力(のようなもの)を自分で汲み上げることが出来ないから、持ってる人から直接分け与えてもらうために肌を合わせなきゃ行けないのは仕方ないね!
言い訳もバッチリです(笑)

ただ、個人的に「過去の偉人」にあんまり頼るような世界は情けなさを感じないでもないのでその辺がどうなるかだけは不安ですかね。


それはそれとして主人公の正体は誰なんでしょうねぇ。
義経くらいしか浮かばないんですけど義経は多分初音が継承するんで被っちゃいますし。
橘征継と言う名前から何故か楠木正成をイメージしたものでwikiとか軽く調べたら「橘の名を借りたという説があると」か書いてあって「こ れ は !」とかちょっとテンション上がったんですけど、それだけだったしなぁ。



丈月城の作品
カンピオーネ
1 神はまつろわず 2 魔王来臨 3 はじまりの物語
7 斉天大聖 8 受難の魔王たち 9 女神再び
10 槍の戦神 11 ふたつめの物語 12 かりそめの聖夜
13 南洋の姫神 14 八人目の神殺し 15 女神の息子
16 英雄たちの鼓動 17 英雄の名
盟約のリヴァイアサン
1 2 3 4 5

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
クロニクル・レギオン オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる