オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界の終わりの世界録1 再来の騎士

<<   作成日時 : 2015/01/18 18:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

主人公以外強くてニューゲーム!みたいな。



「わたしと、行くか?」

久しぶりの細音作品。
やっぱこの人の書くひたすら前を向いてひたむきに上を目指す少年主人公はイイね!
素直に応援したくなる、成長を見守りたくなる、そういう主人公です。
そして未熟な時は未熟なりに今ある力を駆使して成すべきを成す姿は雄叫びあげたくなるカッコよさ。
さらにそんな主人公を見守り導くヒロインの存在。
いいね、いいね、やっぱおねショタ王道ってのはこうでなくちゃ。

外見が伝説の英勇と瓜二つと言うだけで「偽英勇」と不当にバカにされながらも折れず曲がらず真っ直ぐにある少年を、他の誰あろうかつて伝説の英勇と共に在った仲間達が認めて共に旅をするというのがなんとも憎い。
その上で、そんな伝説の彼方にある実力者達と共にある旅の中、サポートはあれど、加護はあれど、出てくる敵は、仲間たちが求めるレベルは、まさに、まさにヘルモードかナイトメアモードかといったところ。
しかもボス戦に仲間いねーし!
仲間が強くてニューゲームだからいきなり中ボスに挑んでみたらその仲間が離脱するとか!

そんな絶望的な状況で持てる力を最大限駆使して、戦いの中で成長して、辛くも勝利をもぎ取るその力は英雄の資質って奴ですよ。

色々と強キャラっぽいのの顔見せもありましたし、かつての英勇達が挑んだモノの正体とかも気になりますし、息の長いシリーズになってくれることを期待してまっせ?


ちなみにヒロインとしてはフィア先輩イチオシ。
エロいし、唯一おねショタと言える年れ(うわなにをするやめrくぁwせdrftgyふじこlp



作者の作品の感想一覧
イヴは夜明けに微笑んで―黄昏色の詠使い
アマデウスの詩、謳え敗者の王―黄昏色の詠使い〈3〉

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界の終わりの世界録1 再来の騎士 オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる