オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS 焦焔の街の英雄少女

<<   作成日時 : 2015/01/05 18:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

世界を守る英雄と無力なボクの物語。

焦焔の街の英雄少女 (MF文庫J)
KADOKAWA/メディアファクトリー
2014-06-24
八薙 玉造

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 焦焔の街の英雄少女 (MF文庫J) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「いいんだぜ?おじちゃんのを触ってごらん」

世界を異界より訪れる侵略者から守る英雄少女(実は豆腐メンタル)とそんな彼女の心の支えな無力で無害な主人公の物語。

主人公と幼馴染のやり取りのテンポが「オレのリベンジがヒロインを全員倒す!」を髣髴とさせる小気味よさと言うかすっとぼけた感じでイイですね。


この豆腐メンタルな英雄少女というヒロイン。
何かっていうとビクビクして落ち込んで胃をストレスでやられてる面倒な女の子なんですけど、それでも戦うことからは全く逃げないんですよね。
自分だけが世界を守れる存在で、自分が戦うことが世界を守り、自分の大切な人を守る事になり、自分の自信に満ちた振る舞いが大勢の人の希望になる。
それを分かっているから戦うことからも、英雄である事から逃げない。
それでも、どうしても拭いきれない本質と弱さを主人公にだけ見せて、甘えて、頼ってくる。
そのなんと庇護欲を誘うことか。

一方の主人公。
そんな彼女の心を守ることに腐心し、その心のケアしかできない事に忸怩たる思いを抱え、でもそれを一切悟らせずにひたすら彼女の心のケアに徹する献身。
それでも、「それでも!」という拭いきれぬ忸怩たる思い。

それゆえの「それ」を手にしてからの俺TUEEEEな無双感のカタルシスたるや。

しかし、作者は八薙玉造だった。
衝撃のラスト。
お互いがお互いを守りたいという想いと、それゆえのすれ違いと、ついに叶ったかに見えたその結果はトロイの木馬だったという。

3巻まで一気買い待ったなしですね。


作者の既刊感想一覧
オレのリベンジがヒロインを全員倒す!    
神話殺しの虚幻騎士 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
焦焔の街の英雄少女 オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる