オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS 創世のエブリオット・シード 平和の守護者1

<<   作成日時 : 2015/04/12 17:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

異能バトルの王道系の一種。

創世のエブリオット・シード 平和の守護者1 (ファミ通文庫)
KADOKAWA/エンターブレイン
池崎 数也

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 創世のエブリオット・シード 平和の守護者1 (ファミ通文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「うおおおおおおおおおおお!目覚めろ!俺の秘められたパゥワアアアァァァ!」

「ES能力」と呼ばれる超能力のようなものに目覚める人間が出てきて、彼らが国防の要となった現代を舞台に新人ES能力者である主人公とその仲間の訓練校での日々を描いた物語です。

要するに一種の異能バトルモノですな。
能力を発現したことで超人じみた身体能力を手に入れた主人公がその能力を練磨するために訓練校に入れられるも、仲間たちが次々とその次のステップである特殊技術を身に付けていく中で一人足踏み状態の主人公。
次第に周囲からの嘲りの視線などもちらほらと出てくる中でも腐らず前向きに努力を続ける事で基礎能力面でのトップクラスの能力と指揮官としての才能を開花させていくという流れは実に王道的です。

万人に共通の特殊「技術」とは別にごく稀にオンリーワンの特殊「能力」を身に付ける存在がいるという話が出た時点で主人公がそうなりそうだなと思ったので、その辺りの展開は予想範囲内でしたが、せっかくの小隊編成なので個人的には一芸特化で指揮官特化に傾いて欲しいかな、と。
なので、まぁ、なんか万能+一芸持ちみたいになりそうな雰囲気ぷんぷんなのは正直不安要素かもしれません。

が、基本的に地味ながら丁寧な描写と進行なので楽しみな作品かな、と。
そんな作品だからこそ、いわゆる欲張った俺TUEEE展開はないとも思いたいところですがはてさて。

今後は対人だったり化け物系だったりのバトルも増えそうだけれど、任務で護衛とかちょっと切り口を変えてみたり、他にも渦巻く権謀術数とか色々と要素はぶち込めそうな設定なのでどこまで手広くやっていくのかに期待かな。


キャラ的には沙織っちが鼻っ柱強くて面倒くさそうな感じがデレてくれたら感無量っぽくて期待値高め・・・・なんだけど、茫然自失としてた里香ちゃんを正気に戻すシーンに妙にエロスを感じたので里香ちゃんも嫌いじゃないぜ?
でも一番は教官かな。
渋くてカッコいいわー。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
創世のエブリオット・シード 平和の守護者1 オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる