オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS 帰ってきた元勇者(4)

<<   作成日時 : 2015/04/14 21:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

そろそろ食傷気味か。

帰ってきた元勇者(4) (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)
ポニーキャニオン
ニシ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 帰ってきた元勇者(4) (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「彼女は・・・とても・・・えっちなんです」

まぁ一言で言うならそんな感じ。

基本的に緊張感ないし、都合のいい妄想以上でも以下でもないのでどこまで主人公に同化してご満悦に浸れるか次第な作品ではあったわけですが、「ラノベでここまでやるか!?」という意味で出オチというか目を引く部分をそれ以上のものには昇華できないままここまでくるとさすがにだれるよね?っていう感じ。
エロさだけなら直接的でなかったりすん止めでもこれよりエロいものもあるわけですしね。

そんなわけでちょうど「第一部完」というアナウンスもあって区切りも良いので見切り時ではあります。

ラノベで実際にヒロインと「いたす」事を描写するというのは画期的であり、そこはある意味で評価の対象なんだろうけれどだからといって四六時中盛って「やってますよ?」って話ばかりされてもなんというか「だから何?」なんですよね。
あくまでヒロインとの結びつきの重さとかお互いへの想いを見せる上で「イベント」として「結果」として見せるのはともかく、ただ惰性というか欲望に流されるままにあっちでもこっちでもひたすら「それ」ばかりってのはもう商業小説じゃなくて妄想小説だよなぁ、というのが個人的な感想かな。
ラノベである以上限界があるんだからするべきは「乱発」じゃなくて「必殺の一撃」としてここぞの場面で見せるべきというか・・・・、まぁヒロイン増え続けたんだから難しいところであるわけだけどねぇ。
それでもまぁ、やっぱり乱発で相対的な価値が下がり続けて値崩れ起こしてるような印象がこの4巻では特に強かったですかね。


シリーズの感想一覧
  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
帰ってきた元勇者(4) オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる