オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS ネトオク男の楽しい異世界貿易 5

<<   作成日時 : 2015/05/26 22:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回は新規書き下ろし要素はなし(多分)

ネトオク男の楽しい異世界貿易 5 (MFブックス)
KADOKAWA/メディアファクトリー
星崎 崑

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ネトオク男の楽しい異世界貿易 5 (MFブックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「・・・・ときどき、い、妹にもらったり・・・・・ね・・・・」

ニートしつつ5歳くらい下の妹にお小遣い貰ってるダメお姉ちゃんマジ素敵!


「天職」が重要視される世界でありながら、制度上の問題で例え天職として「騎士」を授かっても「騎士」になれない・・・というだけでなくまるで「出来損ない」のように扱われるという不遇。
その象徴とも言えるキャラであるエレピピ加入回。
そして図らずも三人もの天職「騎士」な女性と知り合うこととなったジローは彼女たちの為に女騎士隊「アルテミスの矢」を結成する事に。

マリナの「ターナ族問題」とか他にもいるであろうこういうこの世界特有の不幸な境遇の女性を、異世界人ゆえに偏見を持たないジローが救えるパターンって多いと思うし、展開的にも凄い好きだからそういうのをこの作品の骨子にしてくれてもいいなぁとか思ったり。
異世界人である強みを下にした商売で金を得たりしてるからこそ、より「異世界人らしさ」を使った物が欲しいというかね。

他にハンカチ求婚ハーレムエンドパーティとかの下りなんかは異世界交流らしいイベントでニヤニヤ出来て良かったです。
今回新たに出たお導きの「クラン結成」や「クラスアップ」なんかも世界観を活かした・・・・というかこういった世界観のお約束的な展開で違う意味でニヤニヤできますし、先送りになっているイベントへの期待感とかもイイ感じです。

それらをこなすための足場固めをまず、というのもいずれあるであろう勇躍を想像するとやっぱりニヤニヤで、総合的にニヤニヤ度の高い作品ですよね。


ただ一方で、レベッカさんの結婚話の時とか「童貞だからまだ遊びたい」という結論だけなら理解できたんだけど、その前段階でいきなり「家同士のどうのこうの」とか言い出す辺りなんか相変わらず微妙に何気にしてんのコイツ?的な。
マリナが魔獣にやられてキレて「俺がやってやる」とかもリスク管理的な部分でなんかごちゃごちゃ考えてたのにいきなり振り切れてるしで、ちょくちょく置いてけぼりになる精神構造してますよね。
その辺りがもうちょっとこう、滑らかにならんものかという気もしないでもないです。


シリーズの感想
   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ネトオク男の楽しい異世界貿易 5 オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる