オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS 二線級ラブストーリー

<<   作成日時 : 2015/07/17 17:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

純粋なラブストーリーだったと思いますよ?

二線級ラブストーリー (講談社ラノベ文庫)
講談社
2015-07-02
持崎 湯葉

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 二線級ラブストーリー (講談社ラノベ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「俺はやっぱり、大好きな月本紗姫の一番になりたいんだ」

主人公が好きな月本は主人公の親友の秋が好き。
そして秋にはとんでもない秘密があって・・・・。

訓練されたラノベ読者ならこのあらすじを読めば普通に「ああ、秋は女の子なのね」という予想は立つでしょう。
ところがどっこい。
秋はただの男装少女じゃなくて、男装ストーカーでした!
しかも主人公の好きな月本も純粋可憐で無垢な乙女じゃなくてめんどうくさい悪魔のような女の子でしかも百合覚醒までしちゃいます!

という事で物語がかなり予想もつかない方向に物凄い勢いで突っ走っていく作品です。

それぞれの「想い人にとって自分が恋敵」という完結した三角関係に落ち着く物語。
自分の恋の成就の為には自分に想いを寄せてくれる相手を利用する事も厭わない、まさに「恋は戦争」を地で行く物語ですが、それぞれがそれぞれを思う気持ちだけはまぎれもなく本物で純粋なもの。
それぞれが自分の幸せの為に突っ走るこの物語はとても不恰好だけれど潔くて清清しさすら感じました。

一番の名シーンは二度目の告白シーン。
これには痺れました。
昨今のラブコメは主人公から成功率未知数の相手に告白するような作品は滅多にないですし、そもそもがお付き合いの為の儀式じみているというか予定調和的な部分があるだけに、こういう相手に意識させるための一時的な玉砕を前提とした告白というのは久しぶりです。
フィクションだからこそ、というのであればなおの事ご都合主義的妄想的なシチュだけではなく、こういった「勇気」ある一歩というのを見ていたいと、そう思いますね。

そんなわけで個人的には押されて陥落するよりも、押して陥落させるほうが好きなのでヒロインは月本ちゃんを推したい所ですが、まぁ・・・3人一緒でハーレムエンドでいいんじゃないですかね?(おい


とりあえず、妹ちゃんに幸あれ(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
二線級ラブストーリー  オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる