オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS しにこん!!! -死と婚活の巫女と神殺しの大勇者-

<<   作成日時 : 2015/09/23 19:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

女装勇者とへっぽこコンビ。

しにこん!!! -死と婚活の巫女と神殺しの大勇者-
KADOKAWA/エンターブレイン
2015-08-31
ぶんが秀徳

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by しにこん!!! -死と婚活の巫女と神殺しの大勇者- の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「父さん、僕は・・・・」

ロック・クライミングの方が、好みかもしれません


どの勇者と巫女もとても興味深いキャラなだけにそれぞれの物語と行く末を心行くまで存分に堪能したい作品なんですが・・・なんか完結っぽい?
読書メーターだとそんな雰囲気の感想ばかりなんだけど売れてなかったのかな?
web版は普通にまだ続きあるんだろうけど・・・。

シリアスとギャグの境目が微妙に曖昧なのとか多少好き嫌いの分かれるところのある作品なんだろうケド、それよりもむしろ売れてない(のであれば)その原因は値段だよなぁ。
毎回毎回思うけど、なんでwebでタダで読めるモノの値段がラノベの2倍とか3倍近い値段になるのか。
ホント意味が分からん。


ま、その辺りの事はさておき、今回はマリアベルとアベルカインの仲(=婚活)的な意味でもアベルカインが抱えていたもの的な意味でも、この世界に隠された秘密という意味でも、一つ前進という感じのお話でした。
いや、婚活的には毎回じわりじわりとマリアベルは常に前進させていた結果の結実という感じなわけですけれども。

世界に忘れられし「輪廻の神ウィーキャストル」との激戦という感じの回であり、新たに二組も勇者と巫女が登場するという豪華な回でもあり、色々と思うところはあったものの、一番心に残っているのはやはり「死の神メメントモリ」様の献身(笑)か。
ウィーキャストルとの激戦の中でマリアベルに力を貸すために彼女のテンションに合わせてひたすら叫ぶ叫ぶ叫ぶ(笑)
桃色波動に打ちのめされ、語彙を蝕まれ、それでも愛すべき巫女と勇者の為に己の身(というか体面)を犠牲にマリアベルと同調しようとするその姿には、神とはかくも偉大な存在なのかと全米が涙しました。

間違いなくこの作品のヒロインは彼女ですね。


シリーズの感想
しにこん!-死と婚活の巫女は理想の勇者とゴールインしたい
しにこん!!-死と婚活の巫女は山脈を越えて病に挑む-

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
しにこん!!! -死と婚活の巫女と神殺しの大勇者- オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる