オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS 俺の胃袋は彼女に握られている。

<<   作成日時 : 2015/10/29 21:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「そんげん」ってなんだ!?

俺の胃袋は彼女に握られている。 (ダッシュエックス文庫)
集英社
2015-10-23
餅月 望

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 俺の胃袋は彼女に握られている。 (ダッシュエックス文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「君の、膝小僧が、舐めたい・・・・」

血を飲むと腹を下す吸血鬼が唯一その血を飲んでも腹を下さないドSロリの血を飲むために無理難題を吹っかけられる日々に終わりを告げるために特異な環境にある少女達を救いまくるお話。

なんで少女ばかりなのか?
それは作者が餅月 望だからだ!
という事でロリ大好きのロリコン作者らしい執念のロリ描写に満ち満ちた変態的作品。

「そんげん」を大事にする主人公が自らの尊厳を守る為に尊厳的にアウトな行為に手を染めたり、色々と迂遠な言い回しをしようとして変態性を高めてみたり、コメディチックなようでいてちょっとおつむが弱すぎませんかねぇ?的な展開のオンパレードは好き嫌い分かれるんじゃないかな?
まぁ、この作品・・・・というか作者にそんなものを求める人が一体どれだけいるのかという話でもあるけれど。
知らずに買った人はご愁傷様。
そして知らずに買っても楽しめてしまった人もご愁傷様。
お前は既にロリコンだ。


個人的に作者の前々作が好きだったんですよね。
あれも偏執的なまでのロリ描写はありましたけど、「ヒーロー」な両親と、「凡人」な自分と、そして血の繋がらぬ「ヒーロー」な義妹たちという間柄の中で「ヒーロー」な義妹たちの心の支えとして兄貴として振舞う主人公がカッコよかったんですけど。
本作は残念ながらその偏執的なロリ描写以外には見るものが無い作品だったかな、と。



作者の作品の感想
ある朝、ヒーローの妹ができまして。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
俺の胃袋は彼女に握られている。 オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる