オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS ラストエンブリオ (2) 再臨のアヴァターラ

<<   作成日時 : 2015/11/30 22:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

まだ暖まってないなぁ。

ラストエンブリオ (2) 再臨のアヴァターラ (角川スニーカー文庫)
KADOKAWA/角川書店
2015-11-28
竜ノ湖 太郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラストエンブリオ (2) 再臨のアヴァターラ (角川スニーカー文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「一番気付かれたくない人に気付かれた・・・・!!!」

太陽主権争奪の本選に向けての暖機運転というか、第二部スタートの慣らし運転的な感じでまだまだ「問題児」の頃と比べるとテンションが上がりきらない感じが残ってますね。
まぁとりあえず十六夜VS焔的な構図にはならなそうでそこは一安心ですよ。

最強の王群・アヴァターラの登場という事でその一角というか客将として登場したアルジュナ。
彼のおかげでますます最強の軍神が最強の軍神(笑)化しているわけですが、一方で彩鳥がますます弄られキャラ化の一途を辿っているんじゃないかという十六夜との邂逅。
あのシーンでの彩鳥の内心にはちょっと萌えた(笑)

次巻ようやく残りの問題児も戻ってくるのかなという予告ですが、それによってノーネームが磐石の態勢になったとして、焔や鈴華はそこに所属するという感じではなさそうな感じですかね。
かといって本格的にノーネームと敵対という感じでもないので共闘とか良い意味でライバルとか、まぁそんな感じなら願ったり叶ったりなのでよろしい事なのではないでしょうか。
鈴華もなんだかんだで結構規格外のギフト臭いですしね。

ノーネームとは別勢力という意味では今回お目見えのジンですけどなんかいつの間にか大物風吹かせてる感じが・・・。
個人的に前線で血を流して斬った張ったをした事があるわけじゃなくて十六夜に導かれてノーネームの戦利品を与えられて手に入れたものでその身を固めているせいか、どうしてもあんま好きになれないのですよね。
いや、この数年で彼自身の手で掴んだものもあるのでしょうし、いくら導かれたとはいえそれで手にしたのは彼自身のものであるので否定するべきではないのでしょうけれど。
どうしても狡すっからさとでもいうのですかね。
そういうのが拭えないっちゅーか。

まぁ何はともあれ、どんどん作中に各神話の英傑や主神クラスの存在が登場してきて役者が揃ってきた感じで、ここからですね!ここから!


シリーズ感想一覧
問題児たちが異世界から来るそうですよ?
1 YES!ウサギが呼びました!
3 そう・・・巨龍召喚
4 十三番目の太陽を撃て
5 降臨、蒼海の覇者
6 ウロボロスの連盟旗
7 落陽、そして墜月
8 暴虐の三頭龍
9 YES! 箱庭の日常ですっ!
10 そして、兎は煉獄へ
11 撃て、星の光より速く!
12 軍神の進路相談です!
ラストエンブリオ
(1) 問題児の帰還

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラストエンブリオ (2) 再臨のアヴァターラ  オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる