オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS ゴブリンスレイヤー2

<<   作成日時 : 2016/05/22 14:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「で、あれがお気に入りの彼?」

ゴブリンスレイヤー2 (GA文庫)
SBクリエイティブ
蝸牛 くも

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ゴブリンスレイヤー2 (GA文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「どうか、わたくしどもの街を救っては頂けないでしょうか」
「救えるかどうかは、わからん。だが、ゴブリンどもは殺そう」

ある日、ゴブリンスレイヤー指名の依頼書が冒険者ギルドに届いた。
差出人は水の街――辺境一栄える至高神の都の大司教(アークビショップ)だった。
大司教はかつて魔神王を打ち倒した金等級の一人として、剣の乙女と呼ばれる英雄でもあった。
彼女いわく、水の街の中に何故かゴブリンが出るという。

ゴブリンスレイヤーは妖精弓手、女神官、蜥蜴僧侶、鉱人道士とともに水の街の地下迷宮に挑む!
「この小鬼禍は、人為的なものだ」
蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー第2弾!


「世界」は救えなくとも「誰か」は救えるゴブリンスレイヤーの物語第2弾。
まさかゴブリン退治の内容のままに続きが出せるとは思って無かったですわ。

「人としての成長」か「ゴブリンスレイヤーとしての枷」なのか、1巻と比べると幾分柔らかくなってるゴブスレさんがなんか可愛かったですね。
妖精弓手に毒や火や水を事前に禁止されてたのを律儀に守りつつも爆発とか崩落とか使っといて誇らしげな姿とか和んだわ。


1巻の感想はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゴブリンスレイヤー2  オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる