オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS 誉められて神軍1 新宿市国

<<   作成日時 : 2016/11/10 16:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

久しぶりに主人公が大当たり。

誉められて神軍1 新宿市国 (講談社ラノベ文庫)
講談社
2016-11-02
竹井 10日

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 誉められて神軍1 新宿市国 (講談社ラノベ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


とある事件により、一夜にしてファンタジー世界へと姿を変えた日本――ゴブリン、オーク、エルフに魔人……想像上の怪物達が我が物顔で跋扈する時代、人々もまた記憶を書き換えられ現代日本は過去のものとなっていた――割拠する有力政治勢力のひとつ、軍事国家・新宿市国。若き少尉、御神楽零は、謎の少女・火倶夜との出会いを経てとある力を手にする。それは《誉めて伸ばす能力》――生物無生物問わず万物に対し有効なこの力で、零は彼を公私に慕う姫鞠、千歳ら麾下の騎士や魔導師達(ほぼ女子)とともに、“元の日本を取り戻す”ための苛烈かつ孤独(でもときどきダダ甘)な戦いを開始するのだった――奇才竹井10日が挑む新境地ファンタジー戦記登場!!


竹井10日作品はいつだって世界観や会話が好きなんだけどここしばらくのシリーズは主人公が合わなくてなかなか読めてなかったのが久しぶりに大当たり。
実にポケロリぶりですよ!

うんうん、主人公に邪魔されずに没入できると竹井10日作品は「ライトノベル」って感じで手軽にサクサク読めてホント楽しいんだよなぁ。
相変わらずの多人数ハーレムも会話のギャグ率のおかげでイイ意味でバカバカしいから素直に楽しめるし。


キャラに関しては一番はやはりお姉ちゃん!・・・と言いたい所だけれど今回ばかりは菩薩ちゃんかな。
なんかもう名前からして艦これの雷まるパクリリスペクト感ありありでたまらんよ!
俺もダダ甘やかされてだめ人間になりとうございます!

でもなんかその内、目からハイライト消えて「私がいるじゃない」が口癖のヤンデレ進化しそうな気がしてたまらないのは何故だろう?(笑)



作者の作品の感想
彼女がフラグをおられたら 俺、この転校が終わったら、あの娘と結婚するんだ
                  こんな女子ばかりの体育祭に出られるか、僕は二人三脚に出させてもらう
ここから脱出したければ恋しあえっ   





以下、クソどうでもいい話。
ウェブリブログでは記事一つに検索などに便利な「テーマ」を三つまで付けられるんですよね。
で、自分の場合ラノベの記事には「ラノベ」「レーベル」「☆(評価)」をテーマとして付けてるんだけど、なんかいまさらながらこれがもう凄い失敗だとしか思えないという。
評価とかその時の気分しだいでブレブレ過ぎて自分でも参考にならんし、ラノベもレーベル付いてりゃもうラノベだって分かんじゃね?的な。
むしろ自分で管理する上でも絵師と作者でもテーマとして付けとけば良かったとか思うんだけど長いこと続けてるせいでラノベ記事、数だけは多いんだよねぇ・・・・。
今更弄るのもなぁという。
まぁそもそも初期から感想記事随分ころっころと形式変えてるし、その辺も含めて色々とアレなブログですけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
誉められて神軍1 新宿市国 オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる