オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS VenusBlood -RAGNAROK- 感想その1

<<   作成日時 : 2017/01/02 07:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

覇王(笑)の器

VenusBlood -RAGNAROK-
DualTail
2016-12-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by VenusBlood -RAGNAROK- の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



現在5章(ナンナ攻略中)でちょっと停滞中。
ちなみにノーマルモードで難易度低いところから順番に攻略中でロウルート進みつつ悪堕ちはさせるという。

Fからの明確な続き物な上に前作主人公のロキがいるのに別に主人公がいて、そのくせ今作の主人公がロキより魅力ないとかちょっと勘弁してくれ的な。
そんな理由でちょっと停滞中。

この主人公、覇王(笑)っつーかただのチンピラにしか見えんのよなぁ。
自分の油断で鍵奪われて「取り返せないならお前の器はその程度なんだろ」とか正論言われてガチ切れとかちょっとドン引きなんすけど・・・。
悪堕ちしたヒロインとかもう完全に主人公のイエス(ウー)マンで太鼓持ちなもんだから、なおのこともうね。


わかっちゃいたけどシナリオがやっぱりきついわ。


システムの方はノーマルなら本気で何も考えてないのでもない限りはまぁなんとかなりますかね。
研究欠かさずに収入上げてユニット雇ってりゃそれだけで余裕でS++でクリアできるし。
ここまででやばかったのはせいぜい4章(ウルル)のとこでの遺跡攻略のフリーバトルくらいかな。


それとやっぱ雇えるユニット多いのが難だね。
取捨選択じゃなくて全ユニット雇わなきゃいかんのがまた。
もちろん、兵舎のおかげで管理は今までと比べればやりやすい部分もあるけれど。

ただここまでユニットを大量に雇うなら、ホントいっその事アリスの地域制圧型SLG風にして欲しいというこのブログではお決まりの希望が出てくるわけですが。
いや、ホントこんだけいるなら内政特化とかもいていいと思うし雇うだけ雇って兵舎に突っ込んで放置ってのも勿体ないと思っちゃうのよね。
それこそ雇うのにそれなりにコスト使ってるだけにさ。


今回師団が10師団しか作れないからなおのことね。
このシリーズの何が楽しいってやっぱ自分なりに試行錯誤して師団編成してる時でしょう?
でも実際には10師団で60ユニットしか使えなくて残り兵舎行きですよ?
いや金銭で治療せずに自動回復のみの縛りプレイとかで一度兵数が減ったら回復するまでサブの師団で・・・みたいに余分に師団作ったりとか自分なりのプレイで出来るけどね?

まぁ、まんまアリスのシステム踏襲しなくても例えばヴァーリ軍の中の○○軍団が各10師団みたいな感じで1章ごとに作成できる軍団数増やして攻略済みの地方の統治に各1軍団残して、みたいなさ。
各軍団を構成する師団の傾向でステータスやスキルにボーナスつけたり、軍団長によっても特色出たり、収入に変化が出たり、場合によっては反乱起きたり、統治に回すか攻略に回すかでイベントが違ったりとかさ。

うん、わかるよ?わかる。
贅沢言うなって話なんだけどね。


いや、マジでね?アリスの地域制圧型SLGってシステム的に珠玉の出来だと思うのよ。
ランス6やクエストの方もそうなんだけど「無駄がない、全てを使い切る」っていう意味でもうこれ以上のシステムないと思うのよね。
うん、だから、まぁなんていうかね?また作ってよ!っていう。


関連記事
体験版
VBF感想 VBE感想
VBG感想 その1 その2
VBH感想 体験版 その1 その2

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
VenusBlood -RAGNAROK- 感想その1 オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる