オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS アズール図書館の司書

<<   作成日時 : 2017/02/17 14:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アズール図書館の司書


 魔法が存在する世界でシルドは、小さい頃から司書を夢見ていた。しかし、彼は貴族であり次期領主。所詮、夢は夢だった……。が、十五歳の誕生日を迎えた日、彼に前世の記憶が蘇る。それは本に囲まれて暮らしていたものの、司書の夢なかば死んだ前世だった。自分の運命に諦めかけていたシルドであったが、前世の記憶も手伝って再度、司書になる決意をする。
 目指すは、大陸を治めし王国『アズール図書館の司書』。存在そのものが不明とされている謎多き司書。そして夢を叶えるためには、まずはアズール王立学校に入学する必要があった。失われたとされる古代魔法の一つを携えて、世界最高ランクの司書へと歩み行く、若き青年の異世界物語。




3つの大陸に3つの王国。
魔力という根本から分かたれた「魔法」「魔術」「魔具」というそれぞれの王国独自の文化。

3大陸の中でもっとも大きな面積を誇り、「魔法」が発展した王国「アズール」。
その片田舎を治める貴族の跡継ぎシルディッド・アシュラン。

本が好きで、好きで、好きでたまらない少年が幼いころに一度諦めて、でも諦め切れなくて、15歳の誕生日に司書となる夢を再び抱きかかえて故郷を飛び出す物語です。


何はともあれ世界観が凄い。
「魔法」を軸に、基礎に、発展したその世界はまさに異世界としか言うほか無い情景でアニメで映像として見たいものです。
でも一方で映像化してしまうことで自分が思い浮かべたこの世界の情景が壊れてしまうんじゃないかと、それならせめて自分が創造したこの世界を軽く飛び越えた幻想的な光景を見られない限り映像化なんて認められないし、認めたくない。
いっそ映像化なんてして欲しくないという気もするという悩ましい作品ですね。


そしてキャラクターがまたとても良い。

7大魔法の1つ「自然魔法」の申し子、天才にして天災「征服少女」リリィ・サランティス
初代アズール王の継承魔法を受け継ぐ個人至上主義者にして超絶自己中なアズール王国王子「白帝児」ジン・フォン・ティック・アズール
学才と画才と容姿にに極めて恵まれながら夢を捨てた引きこもり「画麗姫」モモ・シャルロッティア

性格と才能が極まったようなアクの強い登場人物と
彼らに負けず劣らず埋もれずの、極めて稀な「古代魔法」使いにして、貴族ながら世界最大にして最高たる最超の、それでいて構造、職員数、組織、概要、その他……。全体の九割九分が世間に知らされていない謎に包まれし図書館、「アズール王立図書館」の司書を目指す我らが主人公シルティッド・アシュラン。

彼らと彼らに負けぬ魅力を持ったさらに多くの人物が織り成す謎と冒険と日常と不思議とドキドキでワクワクな物語がもうホントにたまらんですね。

現在143話ですが一気読みですよ。
ここ数年作者の方の本業が忙しく更新が不定期になってしまっているようですが完結させるつもりはあるようですし
のんびりゆっくりじっくり楽しみに待ちますかねー。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アズール図書館の司書 オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる