オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔術破りのリベンジ・マギア 1.極東術士の学園攻略

<<   作成日時 : 2017/10/14 18:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

無理がないですかね?

魔術破りのリベンジ・マギア 1.極東術士の学園攻略 (HJ文庫)
ホビージャパン
2017-05-31
子子子子 子子子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 魔術破りのリベンジ・マギア 1.極東術士の学園攻略 (HJ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


二十世紀初頭―めざましい科学技術の発展の裏で、人類は確固たる魔術文明を築き上げていた。世界のパワーバランスすら左右する“魔術師”を育成する機関「セイレム魔女学園」。そこで起きた怪事件解決のため、凄腕術士・土御門晴栄が米国の地に立つ!「あらゆる状況を想定し戦術を千変万化させていく―これが、陰陽師の戦い方だ」北欧神話・死霊術・吸血鬼、様々な魔術体系を東洋魔術でブッ飛ばせ!ハイエンド魔術バトルアクション、ここに開幕!!


現代を舞台に様々な魔術体系入り乱れーってのは世界観的に悪くないですし、女装で女学園に潜入主人公も嫌いじゃないんですけど、なんつーか色々と無理がないですかねー。
いやー式神合体でケモミミ主人公爆誕!とかあざといけど嫌いじゃないんですけどねー。

んー参考文献とか見るに作者さんは色々頑張って調べたのか、もともとそういう方面の知識が豊富だったのかは知らんのですが、「それだけ」かなーと。
個人的に魔術師が手札晒しまくり解説しまくりなのってどうなの的な意見もあって、その辺りの偏見も手伝って「うん、凄いねー知識豊富だねーがんばって調べたねー」みたいな気分に。

あとは犯人捜査の過程が犬に匂い嗅がせるくらいであとは便利魔法で偽者に目を向かせた上で本物は隠れて尻尾出した犯人の後を付けたんだよ!っていう。
一言で言うならマジかよっていうね。


主人公もなんか情緒不安定なのか人格が不安定なのかアップダウン激しかったり、ヒロインの距離のつめ方が無拍子!って感じで、犯人なんかも供述やら動機やら改心(?)やら含めて2、3歩すっ飛ばしたような・・・、要するに全体的にキャラの心情についていけない。

ついでに言えば作中で描写される土御門家が女装主人公送り出す選択に違和感しか・・・・という大前提からの破綻も感じないでもないという。


調理技術は二の次で素材の味で勝負!みたいな作品ですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
魔術破りのリベンジ・マギア 1.極東術士の学園攻略 オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる