オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS 処女はお姉さまに恋してる 3つのきら星 体験版感想

<<   作成日時 : 2017/10/30 14:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

出てた!

処女はお姉さまに恋してる 3つのきら星
キャラメルBOX
2018-02-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 処女はお姉さまに恋してる 3つのきら星 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ランス10の予約でもしておこうかといつも使ってるげっちゅ屋の通販サイト見に行ったらおとぼく3の体験版・・・だとっ!?

ということでさくっとDLしてプレイ。

舞台となる学校が変わってるのに雰囲気変わってない上にエルダー制度まであるとかそれ舞台変える意味あるんかーーーい!とかちょっと思ったけど3人の合議制をメインのネタにする為にも刷新する必要があったんだろうなぁ、と。
さすがに2の二番煎じで3人の得票数が同数で・・・ってのはどうかと思うしね。

今回のメインヒロインは護衛対象のお嬢様とそのライバルの2人なのかなぁと思ったんだが、思いのほか体験版の範囲だとライバルちゃんの出番が薄かったかなぁ。
いや、体験版の構成が姫視点→ライバル視点のプロローグから改めて主人公視点で最初からって辺りに扱い的に2人ともメインヒロインだとは思うんだが・・・。
イベントいくらかすっ飛ばしてたりするんかな?
ライバルちゃんとの初遭遇場面とか主人公視点だとなかったし。
っつーかライバルちゃん視点のラストとかどこで挿入されるんだよ感ありありなんだけど。


んー、しかし雰囲気とかはちゃんとおとぼくだね。
2までの舞台と比べてちょっと負の感情が見え隠れしているような気もするんだけど、それでもなんか安心感のあるおとぼく感というか。
主人公の密きゅんが女装主人公の魁たるシリーズにして、元祖人気女装キャラ(※個人の感想です)の瑞穂ちゃんを生み出したキャラメルBOXだけあって完璧超人の聖母キャラの空気感がバッチリなのでその辺の影響かな。

まぁ若干の不安要素としては「ソシャゲの期間限定イベント」(だっけ?)とかそんなワードが出てきたことか。
いや舞台変わってるからそれ自体はまだスルー出来なくもないんだけど、それ言ってるのが作中でファーストフード初体験の姫ちゃんよりも深窓の令嬢やってたロックも知らない紫苑先生というのがね。
複数ライターになってるっぽいのでその辺の影響がそういうちょっとした言葉に出てきてるのかなぁとか考えちゃうと下手したら個別でガラッと雰囲気変わるルートが出てきたりとかしやしないかとちょっとね。


一方でやや残念なのは舞台刷新という事で登場人物が刷新されてしまった事か。
初代のメイン格である紫苑さんが先生役で出てるけど、それだけ・・・だよな?

個人的には優雨とか陽向世代の話は見たいところだったんで、そこはちと残念だ。



とはいえ、発売4ヶ月前の今の時点で出る体験版でここまでやってくれるという事は今回は2の時みたいな個別で失速はない・・・かなぁ、ないといいなぁ。

ヒロインは体験版範囲での出番と公式サイトの登場人物の紹介順考えるとヴィオラの君までかなぁ、やっぱ。
でも双子ちゃんはムービーで紹介あったからワンチャンあるのか?


っつーか体験版で選択肢全部選んだわけじゃないから出番少ない子らはそっちで出番あんのかね?
まぁ買うの確定した時点で体験版やりこむ意味ないからもう発売日待ちするけど。


まぁなんにせよ楽しみなんだがランスも発売日同じ予定だし忙しくなりそうだなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
処女はお姉さまに恋してる 3つのきら星 体験版感想 オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる