オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS Nラブ−ネ取りネ取られ生きるのさ− 体験版感想

<<   作成日時 : 2018/03/15 10:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

寝取られゲーとしてはちょっと期待作。
Nラブ ―ネ取りネ取られ生きるのさ―


学園でお目当ての女の子の所に通って好感度上げつつお触りして発情させて子作りするSLG。
但し、ヒロインを狙っているのは主人公だけじゃないので、うかうかしてると寝取られちゃうよ?!的な作品。

ちなみに彼氏持ち(等)のサブヒロインもいて寝取りもあるよ!?でも彼女達も寝取られ(?)るよ?!っていう。


メインヒロインは学園の生徒会長でもある幼馴染の先輩彼女とブラコン妹。
サブヒロインは彼氏持ちの生徒会副会長、妹の親友(ブラコンの気あり)。婚約者のいる女教師の3名。

寝取り男も主人公の悪友、スケベ親父系用務員、存在感薄い後輩の3名。



体験版やった限りでは寝取り男達のアプローチに対するもどかしさが割とイイ感じでシーン突入したら抜けそうな感じはある。
主人公への好意とはまったく関係のないところで寝取り男達がそれぞれのヒロインとそれぞれに仲良くなっていって、「許される範囲」も広がっていくのが独占欲と焦燥感をとても刺激してくるし、そうやって稼がれた好感度が主人公を超えたときに一線をも越えていくっていう、良くある「アホみたいな脅迫に対するアホみたいな妥協」のようなシチュエーションを作るための思考停止じゃなくてそこまでの積み重なりの結果ってのが、ホントに「取られる」って感じでいいよね。

与えられる快楽に屈服するってのもそれはそれでシチュ的に好きだしエロいけど、自分の中ではそれって「寝取られ」っていうよりも「快楽堕ち」って感じのジャンルに対する良さであって、「寝取られ」には「好感度」ってものが前提として付随していてくれないと「取られる」って感覚がなくて、そういう意味での興奮にはならんし、与えられる快楽と好意をごっちゃにしちゃうのは「ヒロイン」としてはちょっと・・・って話なんだよね。

そういう意味でこれはちゃんと「寝取られ」感がありそうで期待は出来るかな。


ちなみに初めからGOサイン出ているメインヒロインよりもサブヒロイン3名が寝取りの為には仲良くなって体を開かせるために「攻略していく」必要があるため思い入れは大きくなるから寝取られた時の破壊力は大きそうなような、でも初めから好意がある分、それが寝取り男へと移行していく落差がメインヒロインの強みにもなるというか、結論としてどっちもヤバイ。


ただ惜しむらくはボイスありがメイン2名のみというところか。


ちなみにHシーン含め全編アニメーション(?)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Nラブ−ネ取りネ取られ生きるのさ− 体験版感想 オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる