オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS 狼は眠らない

<<   作成日時 : 2018/04/26 13:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

辺境の老騎士の作者の新作(?)

辺境の老騎士 バルド・ローエン(3) (ヤングマガジンコミックス)
講談社
2018-04-20
支援BIS

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 辺境の老騎士 バルド・ローエン(3) (ヤングマガジンコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


狼は眠らない
〈片目狼〉レカンは、各地の迷宮を踏破してきた凄腕の剣士だ。ずっとソロで通してきたが、ここ三年ほどは相棒がいる。そんなレカンと相棒は、〈黒穴〉に飛び込み、離ればなれになって異世界に落ちる。その世界にも迷宮があり、魔獣がいた。辺境で言葉を学んだレカンは旅に出る。よき師に出会い、調薬と魔法を学んだレカンは、本格的な迷宮探索に身を投じてゆく。


新作の投稿を始めていたのは随分前に知っていて、ブックマークもしていたんだけれど読むのをすっかり忘れてたんですよね。
それをマンガ版の老騎士3巻読んだ際に思い出したので古戦場のながらプレイがてら読むことに。

老騎士と比べると淡々とした始まりで、主人公も淡白で冷淡な感じなのかなぁっていう流れなんだけれど、ちょいちょい「あれ?」って感じさせる描写があって、初めてのダンジョン攻略辺りになると意外と面白い奴やなぁ感が大きくなって、そこまで行くともう一気ですね。

でかくて強面で無愛想で威圧感バリバリな二つ名「魔王」のくせに、変に律儀で微妙にお人好しでおまけに面倒見もいいっていうツンデレ具合がなんかクセになるキャラですね。
おまけに強くなる事に対してはガキみたいな純粋さがあって迷宮大好きで迷宮が関わるとまたさらにガキみたいにテンションアゲアゲに(見た目は変わらず)なる、実におもろいキャラです。

柵や決まりごとと言った物語上の「壁」が出現しても迷宮で鍛えた力でぶち抜いていく自由さと、それでいて無法には至らない自制心のバランスも良い感じです。


作者の作品の感想
1 2 新生の森 3 バルド・ローエンと王国の太子

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
狼は眠らない オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる