オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS ラストエンブリオ5 集結の時、暴走再開!

<<   作成日時 : 2018/06/03 17:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

相変わらず話が進んだ気がしねぇ。

ラストエンブリオ5 集結の時、暴走再開! (角川スニーカー文庫)
KADOKAWA
2018-06-01
竜ノ湖 太郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラストエンブリオ5 集結の時、暴走再開! (角川スニーカー文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


とは言え、前巻もそうだったけれど新シリーズ始まっての最初の3巻と比べれば随分と温まってきた感はありますかね。
今回はタイトルにもあるように問題児3人が集結したってのもありますし。
そろい踏みしたシーンもそうだし、最後の十六夜の過去話の中でもそうだけどやっぱこの3人の関係は素敵やわ。


それに台詞回し。
「――しゃらくさい。つべこべ抜かすなよ。夢見せてやるから、黙って私と来い」
とか。
あーいうの、めんどくさい系ヒロインへのシーンとしてはクリティカルすぎだわ。

全然関係ない作品の話になるけど「閃の軌跡4」で立ち塞がるシャロンさん相手にぶちのめした後でこういうセリフ(の類似)さらっと吐けるくらいふてぶてしく成長せんとリィン君幸せになれん気がするんすけど、どうだろう。
やってくれたらヒロインの作中の立場や性格等含めシチュ的にクリティカルヒット過ぎるんだが。
まぁシャロンさん関連はアリサ担当だろうし、リィン君もそれじゃキャラ変わりすぎな気もするんだけどさ。

閑話休題。

七天大聖の話もそうだけど、カッコいいシーンをカッコよく描くって意外と難しいと思うんだよなぁ。
・・・・いや、単にスキルが足りない作家が多いだけかもしれんけど。


(ぼ・・・・・凡庸・・・・!!)
飛鳥さん、飛鳥さん、挿絵がキマッってるだけになおの事ポンコツみを感じてしまうんですけど(笑)
でもそもそもの飛鳥は支援系・・・だよな?
伝承と霊格の切り分けってのも言ってみればデバフ(?)の一種みたいなもので、たまたまその手段が近接攻撃系になってるだけで。
そういう意味じゃスキュラだのガラティアだのの仲間を得てる事でその手の能力も豊富に揃ってきてる事考えると真価はまだまだ発揮されてないって事だし、全力全開本領発揮の機会が待ち遠しいですね。



新刊は3ヶ月とは言わんのでせめて半年以内にお願いします。
マジで。



マジで。


作者の作品の感想
問題児たちが異世界から来るそうですよ?
1 YES!ウサギが呼びました! 3 そう・・・巨龍召喚 4 十三番目の太陽を撃て
5 降臨、蒼海の覇者 6 ウロボロスの連盟旗 7 落陽、そして墜月
8 暴虐の三頭龍 9 YES! 箱庭の日常ですっ! 10 そして、兎は煉獄へ
11 撃て、星の光より速く!  12 軍神の進路相談です!
ラストエンブリオ
(1) 問題児の帰還 (2) 再臨のアヴァターラ (3) 暴走、精霊列車! 4 王の帰還
ミリオン・クラウン
1

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラストエンブリオ5 集結の時、暴走再開! オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる