神明解ろーどぐらす 5

あらすじからしてwktkが止まりません。


神明解ろーどぐらす5 (MF文庫J)
メディアファクトリー
比嘉 智康


Amazonアソシエイト by 神明解ろーどぐらす5 (MF文庫J) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



千歳のみならず、まりもや咲の危機をも察した十勝は、大胆にもクラスメイトたちの前でハーレム宣言をした!さらに集まってきた野次馬生徒たちが注視するど真ん中で「うちのコト好きだっていう確かな証拠を見せて」と言うまりもにキスをした!阿鼻叫喚に包まれる昇降口!・・・・果たして十勝は決死の覚悟で下校仲間を守りきれるのか?そして留萌を呪縛の檻からから救えるのか!?神聖下校物語、ついに完結!

「お前みたいな野郎は許せねえ!いますぐ学校から出て行ってくれないか!!」――まさに下校。池田十勝、下校十段!参る!!


いや、もう今回はあらすじ改変する気にはなりませんね。
これはこのまま載せるしかないでしょうという感じです。
あらすじだけでここまで興奮させられたのは初めてですよ。

そんなわけでハーレム宣言を公衆の面前でぶちかまし、しまいにはキスまでしちゃた「勝ち越しさん」こと十勝さん。
当然周囲の反発は凄まじく・・・一部の男子には崇められるものの、女子からは「女の敵」としてあらゆる罵詈雑言を受け賜り、多くの男子の嫉妬や羨望の視線に晒される事に。
しかしそんなもの、大事な大事な下校仲間の身の安全以上に気にすべきものではなく、多少凹みつつも身の安全に注意しつつ普通に生活していたわけですが、ローリスクの罠を周到にいくつも仕掛けていた東神楽についに千歳が攫われる事に。

ここで見せた十勝ちゃんの振る舞いが実に素敵です。
「先輩さんにもよ、好きな子くらいいるんだろ?俺に食い物にされたくなかったらさっさと知ってること教えなッ!」
開き直って自らの噂と悪名を効果的に用いた恫喝に脅える先輩、そして父兄。
顔で嗤って心で泣いて、大切な人を守るために汚名をあえて着る姿に男気を感じますね。
勝ち越しさんマジかっけぇっす!


最終的に東神楽から護るべき者たちを護りきった十勝は「女の敵」から「英雄」に。
そして最悪の三股男は留萌を含めて四股状態に。
つまり勝ち越しさん改め、勝ち四股さんへ。
作者の前作「ギャルゴ」が“ギャルゲーゴット”から“ギャルゲットゴット”へと至る物語だったのだとしたら、この作品は勝ち越しさんが勝ち四股へと至る物語だったのか・・・というのはまぁ少し無理がありますかね。勝ち越しすら名前が出たのは4巻辺りだったと思いますし。
まぁなんにせよ主人公が実に魅力的なのでハーレムでも気持ちいいですね。
やっぱりハーレムモノは主人公の魅力が何より大事ですよ。
複数の女性から好意を得るわけですから。
それに足る男気がないと。


伏線も綺麗に回収してヒロインたちも最後の一人、さきっぽまで実は綺麗に堕ちていたというモノローグと共にこの物語は完結を迎えました。
とはいえ綺麗ではありますが物足りないのもまた事実。
ギャルゴの時も思いましたが、後日談の短編集、欲しいですね。

しかしなんだかんだでヒロイン衆、現状では留萌がかなりリードですよね。
キスの回数的に。舌入れてますしw

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック