丘ルトロジック2 江西柁梔のアウラ

注目の新シリーズの第2巻、その2です。


丘ルトロジック2江西陀梔のアウラ (角川スニーカー文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング)
2011-02-26
耳目口 司


Amazonアソシエイト by 丘ルトロジック2江西陀梔のアウラ (角川スニーカー文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



出先で極限状態に置かれ、取るべき選択肢をなくした咲丘は女子トイレに入ることを選択する。
己の目の前に開けた風景に高笑いを上げる咲丘を襲う幼馴染の襲撃。
この出会いが現在オアシスを騒がせる「ドッペルゲンガー」を廻る顛末へと繋がっていくことをこのときはまだ誰も知らなかった。


とりあえず出島先輩の発言には笑いました。
この先輩、マジパネェ。

そして明らかな題名&表紙詐欺と思われる今巻。
江西柁、ほとんど活躍しないじゃん!
いや、してないわけじゃないけど、明らかにこれ江西柁回じゃねーーーッ!という。

「デートに行くぞ」の発言に胸ときめかせる江西柁は可愛いけど、その顛末が「清宮との『デート』」の「護衛役」とか!
やさぐれる江西柁さんが可愛すぎます。
あと下着姿で牛乳飲んでる江西柁の挿絵がないのがおかしいです。落丁ですか?


バカな子ほど可愛いという事で新キャラの香澄もまた可愛いですけどね。
この手のキャラは自分の想いを自覚したら強そうですよねぇ。
まだ理解してないでしょうけど、バカだから。
手遅れになる前に理解できるかも分からないけど・・・・バカだから。

そしてバカじゃないはずなのに手遅れになりそうなのが桜ちゃん。
そろそろモーション起さないとこの遅れは致命的になりますよ?という。
本来なら既に周回遅れものですが、咲丘の主人公特性とも言える鈍感具合ゆえにまだ半周程度の差で付いてはいますけど。

個性について・・・というか江西柁の発言についてはまぁ分かる話ですね。
あからさまに類似品を思い出させる作品ってのは嫌いですけど自分は基本的にはあまり「似た系統」というのは気にしない性質ですので、「○○みたい」という理由で貶す人間の気持ちとかわかりませんし。
まぁそれは自分にとっての「あからさまに類似品を思い出させる作品」に相当するだけなのかも分かりませんが。
何が何でもオリジナルとか、さすがに今それを求めるのは酷やろ?という話ですね。
主張も違うやもしれませんが。


ま、何はともあれ2巻もまた良い出来でした。
この調子で楽しみなシリーズとなってくれると嬉しいのですが・・・・相変らず着地点がイマイチわからないというか不安というか。
変に登場人物たちが落ち着いて終わって欲しくはないものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック