影執事マルクの決断

三角関係未だ決着付かず!・・・・というかさらなるヒロインの登場?


影執事マルクの決断     (富士見ファンタジア文庫)
富士見書房
2011-02-19
手島 史詞


Amazonアソシエイト by 影執事マルクの決断      (富士見ファンタジア文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



第3のヒロインがマル子爆誕!を指すのか、アッシュを指すのか、実は同性愛者なのが「振った理由」ではなくて「振ったからこその結果」だったというジェノバなのかはさておいて影執事マルクのシリーズもついに10巻です。

まぁ個人的にジェノバはヒロインでも良かったのですがここにきて三角関係に割って入るのも厳しいと思うので惜しくはありますがこの結末もこれはこれで良かったのではないですかね。
まぁジェノバさんには「二兎追うものを一兎も得ず、ならば三兎を追えば良いんじゃない?」的な発想でカナメとマルクとオウマの同時攻略でも目指してもらいたいですね。あ、オウマさんは既に攻略済みだからキープ扱いでしょうか?不憫な子だしめげなそうなのでオウマはそんな扱いで良いと思いますけどね。・・・・たまに餌だけやれば。

そして漢っぷりを見せたカナメさん。長かった髪をバッサリと。多分ラストのあのシーンはその辺も絡んでいると思いますし、最後までエルミナ聞いていないようにも感じるので多分半ば誤解なんじゃないかなとは思うのですけどね。でも「捨てねばならぬものもある」的な言葉が出てきているのでどうなんですかね?

女装姿をあっちでもこっちでも想い人にしっかり目撃されたり、男に言い寄られたり。某幻想殺しさんよりもひょっとして不幸?な執事さんですが今回は久しぶりに夜の無制限状態な無双バージョン解禁で個人的には非常に盛り上がりました。

セリアさんは最近デレ始めたのか単語メモバージョンの喋り方と普通のお姉さん口調の割合が同じくらいになり始めているし、笑顔に毎回「知らなければ恋をする」という形容詞が付くリオの笑顔はどんだけ魅力的なんだよ?という疑問は付きませんし、クリスにーちゃんは本気で神出鬼没というか・・・・だし、屋敷に残ってる面子もなんか「いつも通りっぷり」が外に出ている面々に対する信頼っぽくて素敵だし、モブの作中で人生の転機を迎えた者の中からついには聖人まで出ちゃうしで相変らずモブに至るまでキャラが魅力的です。

そして何よりエルミナさん。真摯な口説き文句に思わず心揺さぶられて、直後に想い人から告白されて顔真っ赤にして、「で、カナメの事は?」に「・・・・・。」な対応に思わず「聞かなかったことにしておく」。んでその後そんな自分の対応に凹んでしまうところがラブリーですね。いや、アレは仕方ないでしょう。
あそこでああもしゃしゃり出てきてそれでアレじゃあねぇ?これは最早「お前のことが好きなんだよ!」「本気か?」「多分」という「スイートホームスイート」の告白シーンに匹敵するヘタレ具合というか残念具合ですね。

なんか凄い大物臭があっさりと小間使いまで転落させられた元婚約者さんは今後どうやって活躍の場が作られるのか?少しだけ楽しみですね。リーンさんの方がいい味出していた気もしますけど。

あとカナメの「昔の男」のシュウさん。色々と謎な経歴と生い立ちにも興味が深まりますがマル子が実は男だったと知って「ふぇぇ」とへたり込む姿に萌えました。なんか執事喫茶の常連だと考えると実はマルクってかなりのストライクゾーンなんじゃね?とか思うわけですが・・・・まぁジェノバがさすがに厳しい以上、シュウさんの参戦はさらに厳しいですかね。


「想い人を得るために捨てるものが、必ずしももう一方の想い人とは限らない」そんな結論で大団円というのをとりあえず希望ですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック