オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 4

<<   作成日時 : 2012/03/18 14:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

安心のぼっちクォリティ。





「鋳型に入れたような悪人は世の中にあるはずがありませんよ。平生はみんな善人なんです。少なくともみんな普通の人間なんです。それが、いざという間際に、急に悪人に変わるんだから恐ろしいのです。だから油断ができないんです」
「いきなり何言ってんの・・・・。こわっ」


ガ、ガハマさん・・・・・(涙)

いやまぁ多分自分だっていきなりそんなん言われたら引くけどね!
引用だなんて気付かないけどね!
でも八幡とつき合っていく上でそれはちょっとどうなのよ的なね!
別に八幡もガハマさんにそこは期待しないだろうけどさ(酷っ)

「はまち」ではなんとなく分かっている事、実感している事、それでも見てみない振りしてる事、あまり突きつけられたくない事、そういうのをまざまざと突きつけてくる・・・などというとちょっと違うのだが、それが「野暮」とは感じない。「押し付けがましい」とは感じない。
まぁそれは自分もまた「ぼっち」であるがゆえに八幡に共感してしまっているからなのかもしれないけれど。
そんなわけで妙な侘び寂び的なものを毎度感じてしまうわけです。

そう、分かっちゃいるんですよ。
根っからの悪人なんていそうそういやしないなんて。
それでも自分にとって、自分の目に見える奴は、自分にとってマイナスにしかなり得ず、やる事なすこと気に入らない、「なんなのコイツ?」って感じなのである。
あれ?これどっちかというとそんな思考を垂れ流す自分の方が「悪」っぽいな(汗)

閑話休題。
わかっちゃぁいてもそれを実践できるかといやぁそれがなかなかに難しい。
人間、楽なほうに楽なほうに流されがちである。
そういう意味じゃ向き合おうとしてるガハマさんや葉山には好感が持てる。
まぁ葉山は根本的なところを理解しきれていないというか、ある意味でどうしようもない強者なのであり、そこに少し悲しみも覚えるわけだが、まぁ基本的にはリア充なので爆発しない代わりにそれでいいんじゃね?的な結論に落ち着くわけである。
葉山のそれは置いておくにして、ではそれ以外の彼らが気に食わないかといえばそんな事はない。
なんだかんだで、強者であるがゆえに、裏表のない獄炎女王・三浦さんもそれはそれで可愛い気もする。少なくとも女子の世界の政治の話になった時に怯えていた彼女はバカ可愛く見えた。
っつーか何故かあそこから八幡にデレる姿を幻視した自分はさすがに妄想力が逞し過ぎるだろうか?
素材は良いのだからと、磨いて、葉山以上の存在にして見せる的な、八幡にとってはありがた迷惑でしかないことに着手しそうなしなさそうな・・・・まぁ、ないわな。

八幡や雪乃は理解している。
そして受け入れている。
ある意味で諦めているとも言える。
それでも諦めきって斜に構えるわけでなく、自分なりの結論と共に自分のスタンスを作り上げて、その上で外からの介入には頑なにはならずに柔軟な対応をしている。
頑なに殻に閉じこもってでもいればそこには何かしら一言物申す的な話もあろうが彼らはチャンネルを開いているわけで、それがゆえに厄介さに拍車をかけているようにも思うのだけれどそれは彼らの生き様であるがゆえに、捻くれども折られずに強く生きる彼らの姿に自分は憧憬を覚えないでもない。

「もう誰か貰ってやれよ」
と言えばある程度のラノベ読みなら誰もが思い浮かべる人物になりつつある静ちゃん。
「いや、お前が貰ってやれば?」
と八幡に対してはやや思わないでもない。
今回特典がドラマCDではなくイラスト集とあり、値段的にもやや手ごろだったので珍しく特装版を買ってみたわけだが、これが意外と大当たり。
イラストそのものは1,2回拝んで終わりなのだが、一緒に主要キャラの設定集がついていたので払った値段分の価値は得た気分。
大当たりでそれってどうなのよ?とか思わないでもないのだが、まぁそれはおいておく。
話を戻すとその設定資料集内にあった静ちゃんの項に「家事は旦那に任せたい人」なんてあったけど、これってもろ八幡の将来の夢と合致するやん。
彼、夢、「主夫」ですよ?
話も合うし、同じ文系、おまけに座右の銘的にもなんかぴったり。
実際に八幡は静ちゃんから逃げられていないわけで。
ガハマさんでは八幡には綺麗過ぎる、一方でゆきのんではどちらにも積極性がないので普通にすれ違って終了。
そこを行けば静ちゃんのその行動力が八幡にはぴったり、というわけで。
なんだかんだでダメな男好きそうというか、手のかかる男が好きそうですし。
うん、もう結婚しちゃえよ?

ところで八幡は小町と戸塚、どっちの方が好きなんですかね?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 4 オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる