オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS 乙女ゲーの攻略対象になりました・・・。

<<   作成日時 : 2012/04/18 18:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

騎士プ

乙女ゲーの攻略対象になりました…。 (電撃文庫)
アスキー・メディアワークス
2012-01-07
秋目 人

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 乙女ゲーの攻略対象になりました…。 (電撃文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「いいこと。大事なことだから、一度しか言わないわよ。・・・・あんたが誰であっても私の弟よ」

気が付いたら妹がプレイしていた乙女ゲーそっくりの世界で、「個別ルートに入ると死にまくり」という攻略対象キャラとして存在していた主人公が必至にフラグを回避しようとするラブコメです。

「個別ルートに入ると死」というおぼろげな情報からゲームの主人公である宮河乙女からのアプローチを徹底的に避けようとするのだけれど「乙女ゲーの仕様」として遭遇してしまったりイベントが起きたり、好感度が上がったり、中々思うようにならない描写をコメディチックに描こうという趣旨なんだろうけれど、その部分は個人的にはちょっと失敗しているかな。
気持ちとしてわからなくはないのだけれどヒロイン視点に立つと凄い理不尽な事してるのに、「ゲームの仕様」として、結局乙女ゲーの主人公である乙女ちゃんとそのライバルキャラであるヒロイン達と、それぞれ仲良くなっているわけで、相手の気持ち等を一切顧みずに自分本位に動いておいて仕様でモテモテみたいなご都合主義的な部分がちょっと個人的には腹の底でチリチリときますね。

とはいえまぁ最後は体を張ってるし、金髪相手にはツンデレアピール的な攻略法と見えなくも無いし、実琴ちゃんは勘違いの同志から擬似兄妹的な関係を築いているし、レベル5とは普通にフラグ立てているしで、そのご都合主義的なフラグ構築は乙女ちゃん相手だけなんですよね。それもそれで「設定」と割り切れなくも無いし、最後はきっちりしてるのでまぁ大きな減点要素ではないです。

そしてヒロインは4人とも可愛いし、姉は「これむしろメインヒロイン?」みたいなレベルで素敵だし、リンリンさんに「騎士プ」に「二年A組S」と何故か変なところに妙にキャラ立っていて魅力的なのがいたり、ヤンデレ兄貴な桜兄が相談してくるところとかこれなんか妙に萌えキャラしてるし、とにかくキャラクターの魅力が総合的に高いですね。

ゆえに人数多い分一人ひとりの密度が薄くなってしまっているのが少し残念と言えば残念です。会長と笠城なんてほとんどで絡みすらない始末ですし。

まぁその辺のキャラの掘り下げは続きに期待ですかね。
ちなみに、リンリンさんルートの番外編も作ってくれてもいいんですよ?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
乙女ゲーの攻略対象になりました・・・。 オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる