オカルトリック

オカルトでありエロでありサイコであり・・・・。

オカルトリック (このライトノベルがすごい! 文庫)
宝島社
大間 九郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オカルトリック (このライトノベルがすごい! 文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「玉藻、罪とはいくら愚かしくても、心の底から懺悔をしていても、死にたいくらいその行為を嫌っていても犯してしまうことがあるんだよ。愚かしいことをしても、それを繰り返して、嘘にまみれて、そんな私を玉藻は責めるかい?」
「・・・・・・・責めるかもしれませんが・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・責めるかもしれませんが・・・・・・・・・・・憎みはしません」


病み気味でワガママ、ヒス&ピーキーでエロエロな変態さんの姉と受け流しスキルMAXの羊の皮を被った狐な主人公というコンビのオカルト探偵が色々な事件に首を突っ込みますがまぁその辺のお話そのものはどうなんでしょうね?ぶっちゃけ蛇足みたいな。

誰も彼もが病んでいて、それでも幸福を追い求めている物語。
どう考えてもサブヒロインがラスボス兼任ですありがとうございます、という。
おまけに「オカルト」探偵なのに出てくるのは超能力だのUMAだの宇宙人だの。
「な、なんだってー!?」とでも驚くべきところなんですかね。
まぁその辺は枝葉末節でしかなくて、病んだメインキャラ達が幸せ求めてちゅっちゅしたり、ストーカーしたり、エロエロしたりするのを楽しめればそれでいいと思います。
病み度高くてサイコホラー化してそうな気もしないでもありませんがまぁ気にしません。
そういうのが楽しめる人向けの作品です。

一緒にお風呂入って頭洗って体洗って歯を磨いてやらなきゃいけない美人でエロエロなお姉さんとか!
俺も欲しいよ!?


ちなみに購入者特典としてサブヒロイン主役のスピンオフの掌編が3作、レーベルのホームページで読めます。
読むのにあとがきにあるIDとPASSが必要になるのであしからず、です。
下手したら本編以上の病みっぷりを醸し出す「鬼畜系日常ラブコメ」です。
「サブヒロインの人気獲得の為」って作者は言ってますけど、どう考えてもこれ読んで人気出るのはイサミちゃんです。
頑張って生きてください。


余談ですがこの作者のプロフィールやあとがきの文章の正気度というか本気度を計りかねているわけですがどうなんですかね?
ネタならもう少し分かりやすくしてくれないとちょっと個人的には笑えないなぁ、みたいな。
まぁどうでもいいんですけどね。
とか玉藻君の真似とかしてみちゃったりなんかしちゃったりして。

なんだかんだで面白かったですよ。
多分このラノ文庫で面白かったの初めてなのである意味貴重な作品となりそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック