384,403km あなたを月にさらったら

百合+エロ。

384,403km―あなたを月にさらったら (ティアラ文庫)
プランタン出版
向坂 氷緒

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 384,403km―あなたを月にさらったら (ティアラ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「理世が好き」
「友だちの好きじゃなくて、好き」
「好き、好き、好き――」
「洒落にならないくらい好き!誰にも渡したくない!誰にも触らせたくない!私じゃない誰かとHするなんて許せない!だって、だって、私が・・・・、私だって・・・・・。するなら、私が・・・・」
「私が、理世とHしたいんだから――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――っっ!!!」


人工の綺麗な主人公(かなりダメ風味、自覚なし)と天然の綺麗なヒロイン(おっとり・きまぐれ猫系)のお話。
百合ですから主人公もヒロインももちろん女の子です。

主人公が腹黒っぽくて計算高くて・・・・・・ってのが実は見せ掛け・・・というか本人の認識の中にしかなくて、実は直情系で本音駄々漏れで、しかもかなりダメダメ風味ってのが読み進めていくとわかって面白いですね。
かなりの情熱系で幼稚園の頃の初恋を、会う事もない9年間熟成させ続けるとかかなりキチガイ一途ですし。

一方でヒロインの方はおっとり・きまぐれ猫系。
主人公の人工モノの綺麗さとは違って天然モノの綺麗な容姿を持ちながらも母による精神的虐待のせいで自身の容姿に全く自信のない少女で、Hに関しても天然でかなり凶悪かつ貪欲なテクニシャン(いわゆるタチ?)というのもその性格とのギャップが良い感じに燃えます。

ただ、正直それだけ。
それ以外の・・・・というか全てにおいて描写が薄過ぎる。
主人公の奇矯っぷりももっとはっちゃけるなり他者からの視点があったほうが楽しめたし、ヒロインはそもそも容姿以外に魅力らしきものが描かれていないし、それ以外の人物に関してもクセのあるキャラの割りに出番自体が短過ぎて魅力以前の問題。

昔何かで見て買ったものを積みっぱなしだったので読んでみたんだけど、これはちょっと期待はずれも甚だしいかな。
ティアラ文庫ってのがレーベル全体でこんなレベルなら今後も手を出すのを控えようかと。
わざわざこの記事を読んでくれた奇矯な方、これも何かの縁ってことでティアラ文庫でもしなんかオススメあれば教えてください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック