シュタインズ・ゲート 比翼恋理のだ~りん その3

萌郁ルートクリア。

STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん
5pb.
2012-05-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



いや、だからそこで終わりかよ!っていう。
ストーリー自体は悪くないし、ヒロインも魅力的だとは思うんだけど、イベントが圧倒的に足りないんだよ!

そもそも萌郁が岡部を憎からず思っているところからスタートってのがね。
出来ればそのきっかけをちゃんとやろうよ!っていう。
そしてこのエンディングのその先が必要だろ?っていう。

うん、なんか自分がエロゲとギャルゲでエロゲのほうが好きな理由がわかったわ。
まゆりルートはそうでもなかったけど、このルートだとその先がむしろ重要なんだよ。
でもその先って多分18禁なんだ。
だからここで終わらせるしかないっていう。
そういう「制限」がより緩いからこそエロゲの方が好きなんですね。
決してエロスを求めているからではないのだ!という主張。
・・・・まぁあるに越した事はありませんけどね。

雰囲気的には萌郁との絡みが一番エロいですよねぇ。
多分、「それ」を本当に実感させるには体感させるのが一番なんだろうなぁとか思いますし。
いわゆる「イイ女」じゃないけれど、だからこそ男の征服欲とか独占欲とか庇護欲とか、まぁ実際には何か分からないけれど滾らせるヒロインです。
・・・・・・・・・・・・・・。
あれ?自分だけ?

ミスターブラウンのバカ親疑惑。
「いいおっさんなんだけどねぇ・・・・・」っていう。
「ねぇ・・・・」っていう部分を意を汲んで欲しい感じ。
デートマニュアルには年寄りの冷や水とかそんな言葉を思い浮かべないでもない。

最後のクリスの「ほー、へー、ふ~ん」に微妙に自覚のない嫉妬を感じさせ、逆にまゆりのそれからは自覚のある悲しみや切なさが想起され、ニヤニヤ+切ない感じ。

あとルカ子が意外とアクティブですよね?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック