テンプテーション・クラウン 4

バッドエンドは嫌ですよ?



「そういえば、アキトさんは知っていましたか?」
「え?なにが」
「最近、どうもルヴィさんの周りに男の人の影があるという話です」
「――え?」


<魅惑>の力の消去に成功。
そして新たなる<魅惑>の選定者現る。

となればもうこれはNTR展開以外にないわけで。
しかもそれが力に溺れてたゲスなだけの男とあれば・・・・。
そんなわけで1巻まるまるかなり鬱な感じのNTRモドキです。
俺得だろって?んなわけねーよ!!

とりあえずルクツァーさんが頼りになる兄貴過ぎて辛い。
初登場時にラスボス扱いしてごめんなさいですよ、ホント。
めっちゃカッコいい人じゃないですか!?
選定者の不公平さがムカつくからって・・・・。
向かってくるのは「いずれ一般人でも、王冠さええ殺せるだけの兵器を作るから、そのあとにしろ」って。
弱者を殺せないというそのナチュラルな傲岸さがツボですわ。
そしてレノーレさんが相変わらず癒しキャラ過ぎる。
このコンビ大好きになってもーたわ。

ルヴィさんは相変わらずメンタルの乱高下っぷりが凄いですね。
今回は低空飛行っつーかいいように操られてやられちゃってます。
新たなる<魅惑>に抗える辺りツボに嵌れば強いんですけどね。
ラストで暴走した彼女はどう動くのか?

彩姫さん。
最後まで報われないとか(泣)
アキトが去ったあとに流した涙が切ないです。
お、オレは貴女が一番好きですよ!!

ラース。
極悪魔女。
まぁだからこそ、彼女がデレたら破壊力高そうだなぁとか思うんですけどね。
次の最終巻の後にシーズン2とかやりません?
今回はまぁこのままいくとして、2期でデレさせましょうよ。

アキト。
うん、ヘタレなりに頑張ったよ。
今回は悪くなかった。
やっぱり彼はこの辺りがバランスとして良い塩梅だと思います。
ヘタレなりに真摯に、そして自分に素直に、愚直に、ひたすら真っ直ぐに。
ぜファには戻ってきて欲しいな。
もう二人とも知ったわけだし、力がなくとも二人とももう落ちてるし。
というかあのラストからの逆転ハッピーエンドにぜファが絡まないわけが無いと頑なに信じてみる。

鬱エンドは勘弁ですけど、それ以上に間をあまり空けずに出して欲しいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック