神様のメモ帳 4

アリスがどんどん「女の子」になっている件について。

神様のメモ帳〈4〉 (電撃文庫)
アスキーメディアワークス
杉井 光

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 神様のメモ帳〈4〉 (電撃文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「送ってもらうのはじめて!」
「あ、ご、ごめんなさい、ひょっとしてはじめてじゃないの?」
「うん。実はそう。僕は彩夏が思ってるより気遣いができるんだよ」
「べ、べつに、藤島くんが気が利かないとか働かないとか甲斐性がないとか言ってないよ?」
「こっちも言ってねえよ」


いやもうアリスたんがどんどん「女の子」になっていってるのがもう可愛くて可愛くて。
感情をむき出しに怒って、寂しさを覚えて、恥じらいを知って。
もう何処からどう見ても普通の歳相応の女の子な部分がアリスに芽生えていくのがとにかく可愛くて可愛くて。
ナルミは情操教育に良い教材ですね♪

そして事件は繋がっておらずとも人の繋がりは消えることなく。
メオや依林さんの再登場は嬉しい限り。
っちゅーかナルミのジゴロっぷりがヒロさんに迫る勢いなんですけど?
さすが詐欺師ということか。
おまけに四代目が倒れた後に平坂組まとめるし、これもう名実共にトップ2でしょう?

ナルミくんが高校生の枠からかなりはみ出し始めている件について。
前回、彼がようやく主人公らしくなったかな?とか思ったら上述の通り今までに垣間見えていたものがどんどんとステータスアップしてそろそろ枠越えてね?って話に加えてさらに今回の彼がやったこと。
バンドのプロモ活動って・・・・。
あんたそれバイトとかニートとか高校生のやる事じゃねえべさ。
最後はイベントの統括までしちゃって・・・・。
相変わらず何かっていうとへこたれてウジウジ悩むんだけれど吹っ切ってしまえば、もうね、惚れてまうで?
3巻が一つのターニングポイントだったのかな?
あそこで自分から動いて周囲を動かすことを覚えた事で、ナルミの中の何かが変わった結果としての今回のコレなんですかね?

いや、ホント、アリスが可愛くて可愛くて仕方ないんだけれど、なんかもうナルミが相手ならそれもしょうがないかなって。
気が付いたら随分とカッコいい主人公に成長していってますよね。
これで精神的にまでタフになられちゃうと、なんか逆にうそ臭くなるのであのウジウジは必要悪なのかもしれませんね。
一方でそれが、恐怖を押し殺して前へと進むカッコよさにも繋がっているわけで、まったくこの世はナルミを中心に回っているのかい?って話ですよ、ドチクショー!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック